« 2015年7月 | メイン | 2015年12月 »

2015年8月

【栗東TC】ジョッキーと行こう!夏休みトレセン親子体験ツアー2015&平田修厩舎訪問

こんにちは!happy01

8月も中盤に差し掛かりましたが、皆さん夏を楽しんでいらっしゃいますか?sun

さてさて、今回は前回に引き続き、7月29日(水)に行った「ジョッキーと行こう!夏休み親子体験ツアー2015」をレポートしたいと思いますup


まず最初に向かったのは競走馬のスイミング・プールですdash

7_2

この日は暑かったせいか、多くの馬が泳ぐところを見ることができましたhorsewave

2_3

栗東トレセンのプールは1周50mの円形プールsign01

1周40秒で泳ぐと250mのコースを走ったことに相当する運動量になる他、プールでの調教は心肺機能の向上、背中や腰のストレッチになるといった効用がありますnote

一生懸命泳ぐ競走馬達の姿に参加者のみなさんからは「かわいい!」と歓声があがっておりましたcatface

さて、プールを出発して続いて向かったのは・・・

4
平田修厩舎ですsign03

2
平田調教師は、1984年に内藤繁春厩舎で調教助手としてそのキャリアをスタートされ、1991年に有馬記念を制したダイユウサクなどを担当するなど経験を積まれましたshine

そして2005年に調教師免許を取得。翌年に厩舎を開業されてからは着実に勝ち星を増やし、2012年にはカレンブラックヒルでNHKマイルカップを見事勝利されるなど、現在までに重賞13勝を挙げていらっしゃいますcrown

2_2また、ここから藤懸貴志騎手(写真右)と、

6松山弘平騎手が駆けつけてくださいました!!happy01

さっそく騎手の方をまじえ、平田調教師にインタビューですkaraoke

8
馬を育てる上で大変なことは、馬の持っている力を上手く引き出すことだそうですshine

馬のポテンシャルを見極めて、一番ベストな調教や食事などの管理を行うのが理想ですが、馬は話すことができませんから、なかなか難しいそうdespairsweat01

しかし、そんな中で、管理している競走馬達がレースで勝つと本当にやりがいを感じるとかflair

また、この日駆けつけてくださった藤懸騎手は、平田厩舎に所属しているということもあり、普段の平田調教師はどのような方なのか伺ってみると、

「競馬という点では調教もレースも僕の考えを尊重してくれるし、競馬だけではなく、挨拶などの日常の部分でもいろいろと教えてもらって、本当にお世話になっています」

とのことnote

なんでも管理馬の中では藤懸騎手でないとしっかり走らない馬もいるのだとかcoldsweats02sign01

平田調教師と藤懸騎手の信頼関係が垣間見える一幕でしたlovely

17
厩舎の中ではなんと現役の競走馬と触れ合う機会もsign03

最初は少し怖がっていたお子さん達も、松山騎手藤懸騎手の「優しい気持ちで触ってあげたら大丈夫」というアドバイスで次第に慣れたようでしたcatface

平田厩舎の管理馬を見ていると馬房の一番奥になんとsign01

192012年のNHKマイルカップを勝ったカレンブラックヒルが!!shine

カレンブラックヒルは普段はおとなしいが、レースになったら性格が変わるのだとかup

GⅠ馬を間近に見ることができて、お子さん達はもちろんお父さんお母さんも興奮気味でしたsmile

Photo_3
最後に厩舎の前で記念撮影camera

皆さんいい笑顔ですhappy02

さて、平田厩舎を後にして続いて向かったのは競走馬達が日々、スタートの練習をしている発走ゲートですsun

ここではゲートを開けたり、実際にゲートの中に入って競走馬気分を味わったりと、トレセンならではの体験をしていただきました!

また、ここからは松山騎手、藤懸騎手に加えて、藤岡佑介騎手、浜中俊騎手、川須栄彦騎手、中井裕二騎手、鮫島克駿騎手が合流shine

一緒にイベントを盛り上げてくださいましたgood

3_2

トレセンにあるゲートは競馬場と全く同じものnotes

写真のとおり大人の方1人が入れるくらいの大きさの場所に平均にして体重500キロある馬がはいるのだからそれはもうギュウギュウですbearing

 馬は元来、臆病な性格なので、最初は狭いゲートに入るのは怖がるのですが、競走馬達はここで毎日練習をし、スムーズに他の馬を邪魔しないように発走できるかをチェックするゲート試験を突破してようやくレースで走ることができるのですsign01shine

夏は新馬の季節ということで、今の季節は毎日のように2歳馬達がレースに出ることを目指してゲートの練習をしていますdash

4_2
写真は松山騎手を肩車する藤懸騎手がゲートから発走しているところsmile

参加者の皆さんからも自然と笑みがこぼれましたhappy01

3_3

さて、発走地点から続いて向かったのはトレセン名物の坂路コースshine

降り注ぐ日差しの中、ふかふかのウッドチップの上を歩くと、自然と体が動き出すようで・・・

Photo
ジョッキーを交え坂路でかけっこがはじまりました!dash

トレセンの坂路はスタートからゴールまでの高低差が約32m、なんとおよそビル10階分の高さに相当します。

競走馬でも全力で駆け抜けると最後にはフラフラになるほどハードな坂位置コースなのですbearing

この日の暑さも加わり、ジョッキーやお父さんお母さんは駆け上った後はぐったりされていましたcoldsweats01

競走馬の練習場や厩舎を見てもらった後は、実際に馬に乗ってみよう!ということで、続いてはトレセン内にある乗馬苑で体験乗馬ですheart04

20
乗馬は乗っているだけで全身の筋肉を使い、運動として非常に効率がいいのですが、同時にリラックス効果が大きく揺られているだけでもとても気持ちいいですconfidenthorse

21
そのため浜中騎手もこんな体勢になるほどsmile

17
最初は「思ったよりも高くて怖い・・・sad」と言っていた子供達も、曳き馬をしている騎手と会話していくにつれ、最後には笑顔で馬に乗っていましたflair

 

そして暑い中トレセン内を回って見学したあとは、ジョッキーお手製のカキ氷を食べながらの懇談会ですshine

Photo_2

楽しそうにポーズを決めて、作る準備万端ですgood

7
時には真剣にカキ氷を作ったり、

10
目隠しして舌だけでカキ氷の味を当てるゲームをしたりと和気あいあいとするジョッキーの皆さんheart04

14
そしてそれを見守る参加者の皆さんheart01


ツアーを通してすっかり仲良くなったため、その後の懇談会も大盛り上がりですsign03

22
中にはジョッキーを目指すお子さんもいらっしゃったようで、「ジョッキーになる上で一番大切なものは?」や「馬に速く走ってもらうためにしていることは」など多くの質問をしていましたnote

24

その後行われたプレゼント抽選会では、騎手の方直筆サイン入りゴーグルなどお宝グッズが目白押しpresent

騎手のみなさんから手渡されるプレゼントに子供達は大喜びでしたsign03shine

 

夏休み親子見学ツアーの2日目のレポートは以上になりますsign01

この企画を通して、お子さん達に競馬や馬の魅力を知ってもらえたのではないでしょうかhappy02

栗東トレセンでは秋からも色々とイベントを行う予定ですnote

ぜひブログを読んでいる皆さんもご応募していただけたらと思いますshine

それでは、次回のトレセンブログもお楽しみにsign03

【栗東TC】ジョッキーと行こう!夏休みトレセン親子体験ツアー2015&安田隆行厩舎訪問


こんにちはsign01

連日猛暑続きですが、皆様体調は崩されていませんでしょうかsign02

北海道出身が多い馬達は暑さが大の苦手sad

しかし、そんな暑さの中でも一流の競走馬になるため毎日練習は欠かしませんsign03

栗東トレセンでは、少しでも涼しい時間帯ということで、毎朝5時からサラブレッド達は調教に励んでいますhorsedashhorsedash

 

さて、この度栗東トレーニング・センターでは7月23日(木)・7月29日(水)の2日間、夏休み中のお子さん達を対象にした「ジョッキーと行こう!夏休みトレセン親子体験ツアー」を行いましたsign01

今回は7月23日のツアーをレポートしますnote

23日の朝、集合した参加者の皆さんと最初に向かったのは・・・

Photo
馬運車見学ですsign03

皆さんご存知の通り、毎週末、競馬場で行われるレースのため、トレセンから競走馬を運ぶ車です。

Photo_2
普段から馬運車を運転している方々に説明をしていただきましたnote

馬運車の中は競走馬の調子を崩さないように冷暖房完備で、馬のお世話をする厩務員さんがいつでも馬の様子をチェックできるように監視カメラも付いているのだとかsign03

また、音楽が聴けるようスピーカーが付いていたり、マイナスイオン発生器がついていたりと、競走馬達のために様々な配慮がなされており、一台5000万円ほどの値段がするそうですsign01

「運転する上で一番気をつけていることは何ですか?」という質問には、「ブレーキなど、操作の一つ一つを普通の車を運転するのとは比にならないくらい慎重にやっています。トレセンでレースに向けて調子を上げていっても、運ぶ途中で怪我してしまった、なんて事は許されませんから。」とのことflair

普通のトラックの運転手さんから、馬運車の運転手さんになる方もいるそうですが、「一人前になるまで5年はかかる」ともおっしゃっていましたwobbly

2

さて、馬運車見学を終えたあと向かったのは装蹄所ですnote

ここでは、馬のはく靴である蹄鉄の説明に加えて、実際に目の前で1本の鉄の棒から蹄鉄を作っていただきましたhappy01

Photo_4
人の足と同様に、馬の脚も一頭一頭形が違うため、ハンマーで蹄鉄を叩き形を微妙に変える必要がありますhorse

しかしその馬にぴったりの蹄鉄を作るのには、大変な技術が必要で、なんと一人前になるために15年もの修行が必要だとか!coldsweats02

厳しい職人の世界ですsign03

5_2
この場で実際に作った蹄鉄はじゃんけん大会の優勝者にプレゼントされましたlovely

蹄鉄は幸運を運んだり、厄除けになると言われているので、今回ゲットされたお子さんには何か素敵な出来事がおこるのではないでしょうかheart04

装蹄所を出た後は、安田厩舎訪問ですshine

Photo_5

11
安田隆行調教師はジョッキー時代にトウカイテイオーで皐月賞とダービーを優勝crown

騎手として通算680勝を挙げられた後1994年に調教師として厩舎を開業されました。

スプリントGⅠを連勝したカレンチャンや近年ではスプリンターズS、香港スプリント、高松宮記念、安田記念と国内外のGⅠ級競走を6勝し、2013年の年度代表馬にも選ばれたロードカナロアを輩出されました。現在までに日本や海外のGI級競走に数多く優勝されており、40年もの間、競馬の第一線で活躍しておられますshine

14_2
また、ここからは現役ジョッキーの皆さんもツアーに同行していただきましたhappy02

左から鮫島克駿騎手藤懸騎手国分恭介騎手藤岡佑介騎手ですshine

騎手の方々に安田調教師の印象を伺うと、皆さん口を揃えて「本当に優しい」とのことでしたhappy01

「乗り方を色々と任せてくれるし、ユーモアもある。」「すごい先生なのに、気軽に話しかけてくれる。」などなど、騎手の皆さんから続々と出てくる賞賛の言葉に、安田調教師が「そんなに褒めても何も出ないぞ」 と場を沸かせる場面もhappy02

安田調教師からは「もともとジョッキーだっただけに、騎手への思いは強いと思います。」とのお言葉も頂きました。

26

さて、お話を伺ったあとは、実際に厩舎内で現役の競走馬を見学させていただきましたsign03

間近に見る競走馬に参加者の皆さんも感動されていたのではないでしょうかheart01

24
さらに、ここでは安田調教師や騎手の方直々の解説付きともあり、お子さんだけでなく、お父さんお母さんも続々と質問されていましたhappy01

21
厩舎の中にこれだけ多くの人が入ることは滅多に無い上に、中々こんな近くにお子さんが近寄ることもないので、馬の方も参加者の皆さんに興味津々eyeshine

 見学の途中には現役の競走馬とスキンシップする場面もあり、非常に内容の濃い厩舎見学となりました。

Photo

最後に厩舎の前で集合写真camera
皆さん良い笑顔ですhappy02

3

さて、安田厩舎を出発し、草木を掻き分け進んだ先は・・・

2
栗東名物の坂路コースsign03

この日はあいにくの雨模様rainbearing

滞在できた時間はわずかだったのですが、関係なくお子さん達は元気に走り回っておりましたsun

雨や雪など天気関係なく毎日調教を行っている栗東の競走馬達の気持ちを、参加者の皆さんも体験できたのではないでしょうかlovely

Photo_2
坂路コースでも記念にパシャリcamera

その後も、栗東トレセンの広報コーナーにてトレセンならではのお宝グッズを鑑賞したり、乗馬苑にてポニーとのふれあいを行ったりと、トレセンを存分に満喫していただきましたsign03


そしてトレセン内を回って見学したあとはいよいよ、ジョッキーお手製のカキ氷を食べながらの懇談会ですshinePhoto_3

 左から順に氷担当、シロップ担当、練乳担当、ストロー担当とばっちり役割を決めて、カキ氷作りに燃えるジョッキーの皆さんgood

2_2
朝早くから色々と動き回った体にカキ氷の甘さが染みますcatface

この交流会ではジョッキーを囲んで和気あいあいとおしゃべりをしたり、豪華グッズのプレゼント抽選会presentを行いました。

13

直接手渡しされるプレゼントにお子さん達も大喜びでしたheart04

以上で、23日に行われたツアーのレポートは終了となります。

あいにくの天気で、色々とツアー内容を変更した部分もあったのですが、参加者のお子さんからは「将来ジョッキーになりたい!」 「装蹄師になりたくなった」という声が寄せられ、競馬や馬のことをよく知ってもらえるいい機会になったと思いますcatface


それでは7月29日に行われた親子見学ツアーも近日中に公開いたしますので、お楽しみにsign03