« ジョッキーと行こう!夏休みトレセン親子体験ツアー | メイン | 【栗東TC】馬に親しむ日 »

ジョッキーと行こう!夏休みトレセン親子体験ツアー②

こんにちはhappy01

いよいよ夏本番、皆様には夏競馬を楽しんでいただけていますでしょうかnote

今回は7月27日に行われました「ジョッキーと行こう!夏休みトレセン親子体験ツアー」の2日目のレポートをお送りしますkaraoke

朝早くからお集まりいただき、早速バスで栗東トレーニング・センターの中へbus

門をくぐるとそこはもう馬の世界horse

トレセンの中の道路は20キロ制限の馬優先道路car

競走馬の安全を第一に考えた道路になっているんですscissors

まずは競走馬のプールへ向かいますflag

このプールは一周50mの調教用のプールとなっていますwink

馬もプールに入ることで精神的にも身体的にもリラックスできるので、ハードな調教で疲れてしまった馬や、イライラしている馬には非常に効果があるそうなんですfish

みんなで目の前を泳ぐ馬に見入っていると・・・

飛び入りで特別ゲストが来てくださいましたhappy02

Img_0194とってもダンディな岩田康誠騎手wine

ロードカナロアジェンティルドンナをはじめとして、GⅠを24勝もしている言わずと知れた名ジョッキーですflair

トップジョッキーの登場に俄然盛り上がる子供たちupup

そんな子供たちに岩田騎手からメッセージnotes

「自分の好きなことに一生懸命になることが一番大事。それが騎手だったら馬が好きだったり、体を動かすことだったりが好きなことが何よりの素質だと思う。」

馬のことが大好きですごく大切にされている岩田騎手の言葉に、子供たちも聞き入っていましたconfident

これからの意気込みも語っていただき、これからも岩田騎手の活躍に期待したいですねnote

プール見学を終えた後は厩舎へ訪問bleah

今回は松田国英厩舎にお邪魔しましたnote

Img_0201

松田国英調教師は1995年に調教師免許を取得、翌96年にご自身の厩舎を開業されました。そして2001年にクロフネでNHKマイルカップを勝利、その後もタニノギムレットキングカメハメハで日本ダービーを2勝されています。ご自身の厩舎の成績も素晴らしいのですが、松田国英厩舎で腕を磨いた調教師の活躍も目を見張ります。今年のダービートレーナーである友道調教師、ウオッカを管理されていた角居調教師、ショウナンパンドラで秋華賞、ジャパンカップを制した高野調教師のお三方は皆松田厩舎で調教助手をされていたという共通点を持っています。松田調教師は馬はもちろん、人も育てるのが上手な名調教師なんですねsign01

Img_0211

実際に馬を見せていただきながら馬について説明していただきましたsign01

(写真の馬はマコトサダイジンですsign01

調教師という仕事については「関係者全員のことを考えてトータルコーディネートをする仕事」ということで、その中でも馬のこと、ファンのことを特に気にかけているそうですwink

馬は牡馬であれば種牡馬になれるかどうか、牝馬であれば繁殖馬に無事にあがれるかどうかということを常に考えて調教を行うそうなんですshine

実際に松田厩舎からはクロフネキングカメハメハタニノギムレットダノンシャンティといった馬たちが種牡馬として活躍していますbearing

Img_0231馬を見せていただいた後は、松田調教師が管理されていた馬たちの活躍を見ることができるお部屋に案内していただきましたlovely

子供たちには「遅かれ早かれ夢を持ってコツコツやることが大切。君たちはまだまだ若いから大きな志を持ってほしい。」とのメッセージを送られていましたheart04

最後には松田調教師からひとりひとりにプレゼントをお渡しするなど、非常に内容盛りだくさんで、松田調教師の心優しい人柄を知ることができた厩舎訪問となりましたhappy02

Img_0234

次に向かったのは発走地点と呼ばれる場所shine

発走という名のとおり競走馬がスタートの練習を行うところですhorsedash

 

ここでジョッキーの皆さんの登場ですnote

今回は藤岡康太騎手、浜中騎手、川須騎手、鮫島克駿騎手、荻野極騎手、森裕太朗騎手の6人に参加していただきましたscissors

Img_0270皆さんゲートの中で騎手の目線を体験していますeye

ゲートの開く音にビックリするお子さんもいらしゃいましたcoldsweats02

Img_0252こちらはゲート内でチャカチャカしているオギノキワム号と鞍上の鮫島騎手smile

Img_0261そしてこちらはタートピッ!のリポーターを務める山口美香さんheart04

今回の体験ツアーに同行してその様子をリポートしてくださいましたmovie

Img_0275ゲートの前で記念撮影camera

浜中騎手、自撮りしてますsign03

次に向かったのは坂路コースsnowboard

高低差はなんと32m。10階建てのマンションと同じくらいの高さなんですbuilding

いつも馬に乗って駆け上がっている藤岡康太騎手も「こんなに傾いてるんだ~coldsweats02」と驚くほどflair

このコースを体で知ってもらうために、今回も0.5ハロン(100m)走を開催しましたrun

Img_0277

馬でも疲れる坂路コース、さすがに100mも走るとグッタリかと思いきやwobbly

子供たちはまだまだ元気いっぱいの様子、騎手の皆さんもビックリしていましたsmile

 

続いて向かったのは乗馬苑notes

Img_0294_2

藤岡騎手と川須騎手は子供たちの馬の乗り降りをサポートgood

ジョッキーに馬について教えてもらいながら馬の高さや動きを体験してもらいましたcatface

Img_0317全員の体験が終わった後、騎手が馬にまたがってふれあいタイムlovely

間近で馬に乗っている騎手を見ることが出来て子供たちも大興奮でしたnotes

30度近い暑さの中で行われた体験ツアーもいよいよクライマックスflair

待ちに待ったジョッキーお手製カキ氷ですhappy02

Img_0318トークタイムでは騎手になるためのアドバイスだけでなく、プレッシャーに打ち勝つ方法、騎手をやってて嬉しいときなど、子供たちといろいろなお話をしていましたdiamond

子供たちも憧れのジョッキーを前に質問をしたりやサインをもらったりと大盛り上がりupup

中には子供より興奮している親御さんもいたりいなかったり・・・?笑

Img_0330

イベントの最後にはサイン入りグッズをかけた大抽選会notes

Img_0337余談ですがこの抽選会で使っているガラポンは、実際にいくつかのGⅠレースの馬番の抽選で使われているものなんですhappy02

もしかしたら皆さんの思い出のレースの抽選をおこなっていたかもしれませんねeye

当たった子供たちにはゴーグルや調教ゼッケンなどの景品を騎手からお渡ししましたheart04

Img_0344

そして騎手からの一言メッセージを頂いて本イベントは終了となりましたend

 

栗東トレーニング・センターでは秋にもGⅠ調教見学ツアー等のイベントを実施する予定となっておりますsoon

貴重な経験が出来ること間違いなしです!皆様のご応募お待ちしておりますhappy02

競馬では夏競馬も始まり、続々と2歳馬たちがデビューしていますcarouselpony

来年のダービーに向けての若駒たちの熱い戦いにも注目ですねeye

それでは皆様もお体にお気をつけて素敵な夏をお過ごしくださいsun

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/229369/33895683

ジョッキーと行こう!夏休みトレセン親子体験ツアー②を参照しているブログ:

コメント


 去年、このイベントに参加させていただきました。
 
 とっても、楽しかったです。
 
 岩田騎手の飛び入りguest登場には、本当にびっくりしましたが、実際に拝見した感想は、やはりスターであり、男前でした。(笑)
 若い手の騎手の方々も、素敵でした。
 子供よりも、親である保護者の方が、良い体験させて頂きました。

 誠に有難うございました。( ≧∀≦)ノ


 
 

コメントを投稿