« 2016年12月 | メイン | 2017年2月 »

2017年1月

【栗東TC】有馬記念調教見学&藤原英昭厩舎見学ツアー

皆様、新年あけましておめでとうございますfuji

本年もこのトレセンブログでは栗東トレーニング・センターでの出来事等をどんどんお伝えしていきますので、ぜひチェックしてみてくださいeyeglass

今回は昨年の12月21日(水)に行われました、有馬記念調教見学&藤原英昭厩舎訪問ツアーについてのリポートをお送りいたしますnote

当日は有馬記念の追い切り日ということでトレセン内はにぎやかな雰囲気に包まれている・・・

・・・はずだったのですが、この日は近年まれに見る大濃霧typhoon

栗東トレセンはにぎやかな雰囲気ではなく真っ白な霧に包まれてしまいましたsweat01

Img_0119普段はコース全体を見渡せるスタンドからでも調教が見えないという事態にweep

Img_0115おそらくキタサンブラックが追い切っているであろう時間のコースです、本当に何も見えませんnewmoon

新聞記者や調教VTRもこの日の霧には悩まされ、各所で「濃霧により計測不能」という文字が見られましたng

調教見学を楽しみにされていたお客様もがっかりされていましたが、そんな状況を救う特別ゲストが参加してくださいましたlovely

Img_0114

キタサンブラックに騎乗する武豊騎手sign03

有馬記念の希望の枠については「1枠1番がいいよね。勝ってるから。」と即答bleah

その後は皆さんご存知のとおり、同日に行われた公開抽選で自ら1枠1番1を引き当てましたsign03sign03

本当に神ってますねbell

その他にもオグリキャップディープインパクトで勝った有馬記念のお話にファンの皆様も聞き入っていましたflair

続いてきてくれたのはムスカテールに騎乗する中谷雄太騎手catface

Img_0123

2015年に美浦から栗東へ移籍してきた中谷騎手、2017年は自身の年明け初騎乗となったジュニアカップ(OP)をナイトバナレットで制していますshine

自身初となる有馬記念の騎乗について、「16頭、16人しか出ることのできないレースの中の1人のジョッキーとして選んでもらったことに対して感謝の気持ちを持って乗りたい」とのことspa

また、中谷騎手の自己紹介の中で「ファンの財布に優しいジョッキー」という言葉がありましたsmile

人気薄の馬でも馬券になるために馬の持つ力を最大限に引き出す騎乗を心がけているとのことgood

ブログを読んでくださっている皆様も、馬券を買うときに参考にしてみてはいかがでしょうか?heart04

霧の中の調教見学の後はトレセンの施設見学へbuilding

Img_0131こちらはスタンド内にあるGⅠの共同記者会見が行われるスペースmovie

こちらは専用の部屋ではなく、記者が調教を見る部屋の一角で行っているんですsign01

Img_0132ホワイトボードには有力馬陣営へのインタビューの予定が書いてありますpencil

上の写真にある椅子はルメール騎手が直前に座った椅子ということになりますねspa

Img_0135

見学途中で出会った藤岡康太騎手と記念撮影camera

 こういったサプライズも調教見学ツアーの魅力のひとつですup

施設見学の後はプレゼント抽選会present

Img_0144豪華プレゼントをかけてじゃんけん大会ですscissors

騎手のサイン入りグッズということもあり、じゃんけんにも熱が入りますrock

どんな物がプレゼントされたかは来てからのお楽しみですsmile

そして今回のメインイベント藤原厩舎訪問へbusdash

Img_0159

藤原調教師自らお出迎えhappy02

ストレイトガールのゼッケンと調教用の鞍を持っての登場horse

藤原英昭調教師は平成元年に星川厩舎で調教助手として自身のキャリアをスタートされ、2000年に自身の厩舎を開業されました。開業後は3度の最高勝率調教師をはじめとして多くの賞を受賞されています。GⅠレースにおいても2010年日本ダービー、2011年天皇賞(秋)を制したエイシンフラッシュやヴィクトリアマイルを連覇したストレイトガールを筆頭に合計で8勝を上げられている凄腕調教師です。

まずは質問コーナーということでお客様からの質問に答えていただきましたpen

「活躍しているフランケル産駒について」の質問horse

藤原調教師からは「フランケル産駒は体形を見ても走る形をしている。見てると牡馬より牝馬のほうがいいのかもしれない。」とのことlovely

自身の管理馬でフランケル産駒のファヴォーラについても、その話しぶりから期待していることが伝わってきましたgood

その他にも、クリプトグラムのお話や、競走馬の距離適正についてのお話など、競馬ファンにはたまらない話を藤原調教師自らお話いただきましたnote

質問コーナーのあとには目の前まで馬を出して見せてくださいました

フィエロ

Img_0165

ガリバルディImg_0169

2頭とも昨年のマイルチャンピオンシップに出走したマイル戦線のトップクラスの馬ですfuji

そんな2頭のサプライズ登場にお客様も大興奮heart04

 

馬を見せていただいた後は、藤原厩舎のある部屋に案内していただきました

入るとびっくりsign03

一瞬ここが厩舎であることを忘れるくらいの綺麗な部屋ですshine

Img_0170

勝ち取ったトロフィーや優勝レイなどがたくさん飾られていますcrown

至れり尽くせりの見学の最後には藤原厩舎オリジナルネックウォーマーとクッキーのプレゼントまでpresentImg_0172

 最後は全員で記念写真camera

Img_0174

最初から最後までファンの皆様からのすべての質問に丁寧に分かりやすく教えてくださいましたhappy02

なかには馬券を買う際に参考になる話もあり、競馬のことがもっと面白くなるようなお話ばかりで最高の厩舎訪問となりましたnote

以上で有馬記念調教見学&藤原厩舎訪問ツアーのリポートは以上となりますend

1月に入り、ますます寒さが厳しくなりますが、毎週末競馬場では寒さに負けない熱い戦いが繰り広げられていますsun

みなさんもこの冬、競馬場の熱気を肌で感じに足を運んでみてはいかがでしょうかspa