« 2017年2月 | メイン

2017年5月

【栗東TC】日本ダービー調教見学&友道康夫厩舎訪問ツアー

こんにちはgood

だんだんと日差しも強くなって日焼けが気になる今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうかsun

栗東トレーニング・センターでは日本ダービーを控え、非常ににぎやかな雰囲気の中で調教が行われていますmoviekaraoke

今日は5月24日(水)に行われた「日本ダービー調教見学&友道康夫厩舎訪問ツアー」の様子についてお伝えしますnote

このイベントの集合時間は5:30、馬の世界はやはり朝がはやいですfuji

この時期は調教のスタートする時間は6:00、夏になるとさらに1時間早まって5:00には調教が始まりますfive

厩舎スタッフの皆さんは調教の始まる1時間半ほど前からお馬さんのお手入れやウォーミングアップをしているんです

マイクロバスに乗り換えていざ厩舎エリアの中へbusdash

馬のいるエリアに入るとすぐにこんな看板がsign03

Img_0002

「馬最優先 場内20km」トレセンならではの看板ですねdanger

場内を運転する人は前後左右の馬に細心の注意を払いながらゆっくり運転していますrvcar

まずはスタンドで調教見学eyeglass

Photo_2

日本ダービーの追い切り日ということで、皆様の双眼鏡を握る手にも力が入りますrock

この日はアルアイン、ペルシアンナイト、サトノアーサーと池江厩舎の3頭をはじめとして多くの馬の追い切りを見ることが出来ましたshine

また、安田記念の1週前追い切りも相まって次々と目の前をGI出走予定馬が駆け抜けていきますhorsedash

調教開始から30分程経ち、ちょっとひと段落spa

すると、忙しい中特別ゲストが駆けつけてくれましたdash

Photo_3

アルアインに騎乗予定の松山弘平騎手heart02

アルアインとのコンビを組み、力強い走りで人馬ともにGI初制覇を飾った皐月賞は記憶に新しいところflair

日本ダービーに向けては「皐月賞と同じようにいい状態をキープできている。チャンスをもらったので何とか頑張りたい」とのコメントgood

平成生まれ初のGIジョッキーとなった松山騎手、次は平成生まれ初のダービージョッキーの誕生となるか注目ですeye

続いて駆けつけてくれたのは藤岡佑介騎手heart04

Photo_4

日本ダービーではクリンチャーに騎乗予定ですrock

そのクリンチャーは、皐月賞で人気薄ながらも直線で先頭に立つと粘り強く食い下がり4着に好走note

4着までに与えられる日本ダービーへの切符を自ら掴み取りましたticket

藤岡騎手はクリンチャーについて「皐月賞で見せたように力がある馬なので、その力を引き出せるように頑張りたい」と力強いコメントtyphoon

クリンチャーは父ディープスカイとの父子ダービー制覇も懸かっており大注目の1頭ですeyeglass

調教見学の後は施設見学へcar

今回は装蹄室を見学しますeyeglass

Img_0108

装蹄室とは、馬の靴である「蹄鉄」を履き替えをしている場所のことですfoot

靴は日ごろの調教ですり減ってしまう&爪が伸びてしまうので、定期的に爪を削って蹄鉄を交換する必要がありますspa

今回は実演を交えながらどうやって蹄鉄を交換しているか説明してもらいましたkaraoke

Img_0114

上の写真は蹄鉄を金槌で叩いて形を整えているところimpact

1人前になるには少なくとも15年は掛かるそうで、職人の世界を垣間見ることが出来ましたcatface

そしてお待ちかね、厩舎訪問heart04

今回のツアーでは昨年マカヒキで日本ダービーを制した友道康夫厩舎にお邪魔しますflair

Img_0119

友道康夫調教師は松田国英厩舎で調教助手としてキャリアを積んだのちに調教師として自らの厩舎を開業されました。昨年の日本ダービーを制したマカヒキや、今年のドバイターフを勝利したヴィブロス、古馬戦線を賑わすシュヴァルグランを管理しており、過去にはヴィクトリアマイルを連覇したヴィルシーナや皐月賞馬アンライバルドなど、数々の名馬を育て上げた名調教師ですflair

そんな友道調教師に質問コーナー

まずは昨年の日本ダービーについて伺いますcrown

「勝った瞬間は意外と実感が沸きませんでした。たくさんの人から祝福されてひと段落したあとにマカヒキを見たときに、だんだんと嬉しさがこみ上げてきましたね」とのことconfident

その後もたくさんの質問が寄せられましたが、すべての質問に丁寧に分かりやすく答える友道調教師の姿が印象的でしたflair

印象的だったのは「長距離レースに強いイメージがありますが、何か秘策はあるんでしょうか?」という質問search

友道調教師は「個人的に長い距離が好きだからっていうのが大きいんじゃないですかね」とのことspa

今後友道厩舎の馬が長い距離のレースに出走するときは要チェックですねeye

その後は厩舎の中を見学、友道調教師自ら馬を見せて説明してくださいましたkaraoke

Img_0127

Img_0136

こちらは3歳牝馬のラプソディーアshineとってもおとなしくお利口な女の子とのことheart

友道厩舎所属で重賞2勝を挙げたマーティンボロの妹にあたりますshine

そのラプソディーア、その週の日曜日に行われた白藤賞で5番人気ながら3馬身差を付ける圧勝flair

今後の活躍がますます期待される1頭ですhappy02

そして厩舎訪問の最後には集合写真をパチリmovie

Img_0140

見学も終わり、お別れの時間…bearing

と思いきや友道調教師からのまさかのサプライズプレゼントfuji

マカヒキのゼッケン、サクラメガワンダーのゼッケン、ドバイのレーシングプログラムと激レアな代物のプレゼントに皆様大興奮shine

厩舎訪問に加えてこのプレゼント、おもてなしの心を大切にされる友道調教師なのでしたlovely

半日にわたる見学ツアーもあっという間に終了dash

今回もおかげさまで大盛り上がりのツアーとなりましたscissors

春のGI戦線の真っただ中、中央競馬は日本ダービーを控えてボルテージは最高潮に達していますup

ぜひ皆様も競馬場に足を運んでいただき、最高潮の盛り上がり、ドエラい10万人の歓声を体感してみてくださいねhappy02 

 

 

 

 

【栗東TC】栗東運動公園 馬に親しむ日

こんにちはfuji

だんだんと日差しもあたたかくなっていく今日この頃sun

皆様いかがお過ごしでしょうかclub

そんなポカポカ陽気の5月、ここ栗東トレーニング・センターは春のGIシーズンというこもあり、毎週熱気に包まれていますspa

さて、本日は先日5月3日(祝・水)に行われました、「栗東運動公園 馬に親しむ日」についてお伝えしますhorse

毎年栗東トレーニング・センターで行われているこの「馬に親しむ日」、今年は例年の会場となっているトレセン内の乗馬苑が工事中のため、「栗東運動公園」に場所を変更しての開催となりましたbaseball

それでは早速どんなイベントになったのか見ていきましょうsign01

開場とともに非常に多くのお客様にご来場いただきましたdash

駆けつけてくれたキティちゃんもお出迎えheart04

Img_0080

続いて「馬に親しむ日」を盛り上げてくれる司会のお二人がステージに登場karaoke

堂南鷹さんと山口美香さんfuji

Img_0013

ウェルカムトークと題打った2人の絶妙な掛け合いで、イベントに来られたお客様の期待も膨らみますbread

Img_0003

この「馬に親しむ日」ではその名の通り、普段なかなか触れ合うことのできない馬という動物を身近に感じていただけるイベントとして毎年開催していますon

今年も「馬にまつわるお祭り」ということで、岩手県から「チャグチャグ馬コ」というお祭りが出張で練り歩きと踊りを披露してくれましたhorserun

Img_0037写真のように馬はとっても華やかな飾りや鈴を身に着けています。チャグチャグというその名の通り、馬が歩くときれいな鈴の音が響いていて、目だけではなく耳でも楽しめるお祭りですbell

 Img_0054

また、ミニチュアホースとの写真撮影会には、調教を終えたジョッキーたちが駆けつけてくれましたrun

撮影会に参加してくれたのは、

高田騎手、松山騎手、藤懸騎手、城戸騎手、浜中騎手、高倉騎手、川須騎手、松若騎手の8人ですeight

普段見ることができない私服姿のジョッキーがとても新鮮ですねnote

 続いてご紹介するのは競馬の展示コーナーpc

Img_0064_2

まずはキタサンブラックが普段の調教(トレーニング)で着けているゼッケンshine

武豊騎手のサインが入っている激レアの代物ということもあり、多くのお客様が写真を撮っていましたmovie

Img_2768

続いては「馬運車」の展示bus

読んで字のごとく馬を運ぶ車のことですhorse

大切な競走馬を運ぶだけあって、清潔な車内に充実した設備が整っていますspaImg_0073

めったに入ることのできない馬運車の中に、子供たちだけではなく競馬ファンの方々も興味津々でしたeye

 

そして、イベントの最後にはジョッキーたちによるゲーム対決が行われましたpunch

参加してくれたのは藤岡康太騎手・荻野琢真騎手・大下智騎手・田中健騎手の4人four

Img_0087

ジョッキーとして過去の名馬に乗ってレースをするゲームで対決game

普段の競馬さながらの激闘を制して優勝したのはナリタブライアンに騎乗した藤岡康太騎手crown

Img_3103

藤岡騎手のあまりに上手な手綱さばきに、ほかのジョッキーからは「これは絶対隠れて練習してるsmile」と鋭いコメントが飛んでいましたbomb


以上、イベントの一部をご紹介させていただきましたが、本年度の「馬に親しむ日」も多くのお客様にご来場いただき、大盛り上がりで幕を閉じましたshine

栗東トレーニング・センターでは随時さまざまなイベントを開催しておりますsign01

このブログでも引き続きその模様をお伝えしていきますので、興味を持った方はぜひ応募してみてくださいmailto

応募はこちらから⇒栗東トレーニング・センターHP

中央競馬は春のGIシーズン真っただ中、競馬場では毎週サラブレッドたちの熱い戦いが繰り広げられていますpunch

皆様もぜひ競馬場でその熱気を感じてみてはいかがでしょうかsun