« 別れの季節 | メイン | 猛吹雪再び »

僚馬との別れ

いつも見慣れた風景が、

P3050932

今日はない。

150306

本日、函館でのリハビリを終えた1頭が、

トレセンに入厩するまでの調教を行ってくれる牧場へ旅立ちました。

 

函館競馬場入厩から3ヶ月間。

初めての温泉もすんなりとこなし、

http://blog.jra.jp/onsen/2014/12/26/

その後のリハビリ調教も真面目に黙々とこなす優等生でした。

P2270587

僚馬からの信頼もあつかった彼の出発の際には、

150306_2

残された栗毛君が微動だにせず、

別れを惜しむ様に嘶きながら見守っていました。

1503062

我々からも、僚馬からも信頼の厚かった彼の、

今後の活躍を期待しています。