« またまた | メイン

旅立ち

7_3 

昨夜の気温。

最近では少し暖かい方でしょうか。

 

 

 

リハビリテーションセンターから。

お久しぶりです。

 

 

 

センター内は紅葉が進み、進みきり、

Img_9416 

 

緑ではないものの、目に優しい。

季節を体感できる場所です。

 

 

 

競馬学校厩務員過程に合格した研修生が、

当センターから旅立ちました。

 

 

 

ちょうど担当馬も、

当センターでのリハビリメニューを終了し、

強い調教を行うことのできる牧場に旅立ちました。

 

 

 

 

Img_9627_2 

馬運車に向かって、

 

 

 

Img_9632 

のぼって、

 

 

 

 

 

Img_9654_2

お見送り。

 

 

 

 

最初は亀が担当してくれました。

 

 

亀は少し球節が腫れた、繋に傷?、

歩様が今日は少し違和感がある、、、等々

馬をよく見る、診る子でした。

 

 

 

引き継いだこの子も、

昨日と今日の調教後では患部の熱少し、、、

トレッドミル調教より、馬場調教の方が肩の張りが減って、、、

等細かく馬の状態を教えてくれました。

 

 

 

 

療養馬を馬場での騎乗調教までリハビリするには、

痛めてしまった部位を治そうと、

預けてくれた人たちの思いに応えようと、

スタッフ一同が取組むことが重要です。

 

 

 

日々の馬の変化を捉えることは最も重要で、

研修生が行う毎朝、毎夕のチェックは、レーダーの役割を果たします。

 

 

 

今回の療養馬は、

少しの変化でも捉えようとする二人が見て、看てくれたため、 

骨折2回目、少し難しいリハビリでしたが無事に送り出すことができました。

 

 

 

 

無事にセンターを旅立った療養馬、

競馬学校に入校する研修生。

 

 

 

 

再出走と社会人デビュー。

二重の楽しみができました!。

 

 

 

 

 

当センターでは療養馬を担当する研修生を募集しています(要1年以上の乗馬経験)。

興味のある方は以下の電話番号にお電話ください。

競走馬リハビリテーションセンター 総務係 TEL:0246-43-3185

 

また当センターは見学エリアから調教等の一部を見ることができます。

希望される方はコチラ↓をご覧ください。

http://company.jra.jp/equinst/index.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Img_9555_1

一時当センターにもいた引退競走馬をたずねてうかがった牧野。

広大な放牧地に佇む馬。

幸せそうでした。