« 旅立ち | メイン | 47年 »

8年

東日本大震災から8年が経ちました。

14時46分、サイレン吹鳴の中黙祷を捧げました。

直後のセンターの風景。 

Img_0464

 

 

 

 

地震発生当時の温泉ブログ

http://blog.jra.jp/onsen/2011/03/14/

地震後直後の戸惑いと、周辺住民の方がを気遣う記載が。

 

 

 

発生から1年後のブログ

http://blog.jra.jp/onsen/2012/03/13/

復興に向けた気運と、がんばろういわき!のことば。

 

 

 

発生から2年後のブログ

http://blog.jra.jp/onsen/2013/03/11/

復興途中のまちの様子、いわきのまちが元気になることへの願い、

そして常磐支所(競走馬リハビリテーションセンター)で

温泉に浸かる馬を見てください!、がんばっぺいわき!と。

 

 

 

 

そして、8年。

 

当時と比べれば、間違いなく復興は進んでいます。

しかし、復旧は進んだものの、ここいわきを訪れる人の数は、

震災前ほどには戻っていません。

 

 

 

ここに住んでいる私が思うことは、

魅力あふれる、多様性に満ちたまちであるということ。 

 

 

 

当センターから湯本インター方向に少し足を伸ばせば、東北のハワイ。

お子さん大好き、スパリゾートハワイアンズ。

https://www.hawaiians.co.jp

 

 

湯本方面に向かえば、地元密着型のサッカークラブ、

いわきFCのクラブハウスを併設するIWAKI FC PARK。

https://iwakifcpark.com

 

 

湯本駅の近くにはフタバスズキリュウ(フタバサウルス・スズキイ)が皆様をお迎えする

いわき市石炭・化石館「ほるる」。

http://www.iwakiyumoto.or.jp

 

 

ほるるで昔の化石熱が再燃された方には、土日に体験発掘もできる

いわき市アンモナイトセンター。

http://www.ammonite-center.jp/taiken.html

 

 

アンモナイトセンターの最寄り四倉ICには、トマトの不思議の国、

ワンダーファーム。色とりどりのトマト狩り体験もできます。

http://www.wonder-farm.co.jp/index.html

  

 

化石掘りで疲れた体を癒すのは、湯本の温泉街。

いわき湯本温泉旅館協会。

http://www.iwakiyumoto.or.jp

 

 

私が、ここはまた行きたい!と思った場所だけでも、

いわき市内にこんなにあります。

  

 

私が未発見の魅力がまだまだたくさんあります。

いわき市観光情報サイト。

http://kankou-iwaki.or.jp

 

  

来ていただくことで、ご自身で魅力を見つけることができるまちです。

皆さんが来て、見て、体験していただくことが、

このまちの元気につながり、元に戻ること=復興にもつながります。

  

 

 

がんばっぺいわき!に賛同してくださった方、ぜひいわきに、

そしてここ、競走馬リハビリテーションセンターにも。

 

お越しいただく日をお待ちしております!。

https://company.jra.jp/equinst/rehabilitation/index.html

1

 

 

 

⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎

当センターでは将来的に競走馬に携わる仕事に就きたいと考えている方を、

研修生として募集しています(要1年以上の乗馬経験)。

興味のある方は以下の電話番号にお電話ください。

競走馬リハビリテーションセンター 総務係 TEL:0246-43-3185

⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎