« カツラオー | メイン | 新年明けましておめでとうございます »

気持ちいい気持

11月上旬に初めての温泉療養馬が到着したことをお伝えしましたが、

約1ヶ半月が経過し、療養馬は5頭の仲間を加えて6頭になりました。

 

 

 

11月にご紹介した秋の馬道は、

Photo


 

この12月になって雪の馬道に、

Photo_2

 

 

 

 

芝の張替えを完了したスタンド前芝コースは、

Photo_3


 

この1ヶ月で雪のコースになってしまいました。

Photo_4


 

 

こうなってしまう前に芝を張り替える必要があることは、

http://blog.jra.jp/onsen/2013/11/post-ef41.html

こうなってしまうと十分過ぎるほど分かりすね。

 

 

この景色をご覧になると函館はもう根雪なんだなぁ~と思われるかもしれませんが、

今年の函館は暖かく、積もった雪が全部溶けたかと思ったら、また降ったりを繰り返しています。

 

 

 

 

 

 

 

12月はいろいろと温泉療養馬の取材がありました。


  

バックヤードツアーで温泉を見学されるファンの皆さんや、

温泉療養馬を取材にいらっしゃった新聞社やテレビ局の方に、

 

 

「馬は何度のお湯だと気持ちいいの?」

 

「なんで馬の温泉は肢湯なの?」

 

「温泉の深さは肢先だけでも、おなかまでどっぷりでもなくなぜ肘の深さまでなの?」

などと聞かれることがあります。


 

 

常磐の馬の温泉だよりの

http://blog.jra.jp/onsen/2013/12/04/?ref=calendar

コチラには、38~40度の時に心拍数↓副交感神経↑でリラックス

 

 

http://blog.jra.jp/onsen/2013/11/30/?ref=calendar

コチラには、腕節(ヒザ)でもなく、おなかまででもなく肘の深さが最もリラックスしている


 

ということが、数値として示されています。

 

 

 

熱いお湯に肩まで浸かった方が気持ちいいのに・・・と皆さん思うかもしれませんが、

馬には馬の気持ちいいがあるということですね。

 

 

といっても、ウマでもヒトでも気持ちいい気持ちには違いがなさそうですが・・・。

Photo


 

 

 

☆☆☆☆☆お知らせ☆☆☆☆☆

12月25日のNHKあさイチの"JAPA"なび函館と大沼

で函館の馬温泉所が紹介されるかもしれません。

(取材は終わっていますが、放映されるかは未定とのこと)

http://www1.nhk.or.jp/asaichi/2013/12/25/01.html

お時間のある方はご覧ください。