ツアー3回目

最近の福島は一寒四温。

0420_1

 

 

 

 

春です。

 

 

 

 

昨日、JTBツアーのお客様をお迎えしました。

01

 

 

 

3回目になり、

冒頭の説明も少し慣れてきました。

04_2

  

 

 

今回はゲストとして、

競走馬総合研究所の平賀所長に来所いただきました。

06

競馬ブックの連載「ドクター平賀の“競走馬の運動生理学”」

等でご存知の方もいらっしゃるのでは?。

 

 

 

馬学講座への期待が高まります。

 

 

 

 

 

センター内の見学は、まず診療所から。

07

馬の診療器具を、クイズ形式でご紹介。

 

 

 

続いて、

09_2

ウォータートレッドミルで記念撮影、

 

 

 

11

今回もハロン棒が人気の馬場散策、

 

 

 

厩舎に場所を移して

13

厩舎で休憩中の、メイショウカイドウさん。

 

 

 

16m_1

温泉入浴中のカイドウさんと記念撮影。

 

 

 

17m

小倉3冠馬の人気は衰えません。

 

 

 

 

 

 

所内の見学ツアーが終了し、

場所を馬科学講座会場へ。

  

  

 

191

平賀所長の「バイオメカニクスの豆知識」のスタートです。

 

 

 

講義の中では、

競走馬のギャロップの走行、コーナーの走行、手前変換等について

202

手振りも交えて分かりやすく解説していただきました。

  

 

 

ディープインパクト号と他の馬の走行フォームの違いについても、

213

蹄鉄の磨耗状態等からその謎に迫りました。

 

 

 

お客様からは、なるほど!と、感心する声が。

スロー映像を編集した動画を多用するなど、

とても分かりやすい講義を行っていただきました。

  

  

  

平賀所長は競走馬の運動科学について、

様々なテーマを分かりやすく解説してくださいます。

寄稿された記事のいくつかは競走馬総合研究所のHPで公開されていますので、

https://company.jra.jp/equinst/magazine/paddock.html

興味がある方はぜひ!。

  

 

 

本日は、平賀所長をはじめ、

栃木県にある競走馬総合研究所から4名援助に来ていただきました。

最後は、援助に来ていただいた方と所員でバスをお送りしました。

24

 

 

 

今年も3回にわたり、

JTBさんのツアーに対応させていただきましたが、

お客様にはご満足いただけたでしょうか?。

 

 

 

 

皆様からいただいたアンケートをもとに、

今後も、よりよいツアー対応を目指していきたいと思います。

 

  

 

 

 

ツアーに参加していただいた皆様、

お手伝いいただいた皆様、

一日お疲れ様でした。

  

 

 

 

 

 

今回のツアーのように施設の内部に入ることはできませんが、

当センターでは専用エリアから調教の一部や温泉風景を見ることができます。

見学に関することはコチラ↓の「見学のご案内」をぜひご覧ください。

https://company.jra.jp/equinst/rehabilitation/index.html

 

 

 

 

⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎

当センターでは将来、競走馬に携わる仕事に就きたいと考えている方を、

研修生として募集しています(要1年以上の乗馬経験)。

興味のある方は以下の電話番号にお電話ください。

競走馬リハビリテーションセンター 総務係 TEL:0246-43-3185

⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎

0420_1_3


 


 

  

 

 

ツアー2回目

また少し暖かくなって、

いわきの桜は散り始めました。

 

 

 

先週お伝えしたJTBさんのツアーに、

今週も協力させていただきました。

 

 

到着されたお客様に、

センターの紹介ビデオをお見せし、

施設見学に向けて玄関にお集まりいただいていたところ、

 

 

 

 

04

サプライズで小桧山調教師が。

見学会にも参加していただけることになりました。

  

 

 

05

歯科器具の説明は、変わらず好評です。

 

 

 

07

見学時間に少し余裕があったため、

馬場開放も行いました。

 

 

 

10m

今日は、温泉入浴の日だった

メイショウカイドウさんと記念撮影。

相変わらずの人気者(馬)です。

 

 

 

12

小桧山先生のお話をお聞きし、

 

 

 

13

ご提供いただいたプレゼントをめぐって

ジャンケン大会。

 

 

 

この興奮の後に馬学講座を行いましたが、

15_3

最後までお聞きいただき、

質問もたくさんいただきました。

 

 

 

 

駆け足の見学会でしたが、いかがでしたでしょうか。

16

対応させていただいた職員一同、

またお越しいただくことを楽しみにしております。

 

  

 

 

福島競馬場への移動途中に、当センターに立ち寄ってくださった

小桧山調教師には、この場をお借りして改めて御礼申し上げます。

ファンを想う気持ちを大切にいたします。

 

 

 

 

今回のツアーのように施設の内部に入ることはできませんが、

当センターでは専用エリアから調教の一部や温泉風景を見ることができます。

見学に関することはコチラ↓の「見学のご案内」をぜひご覧ください。

https://company.jra.jp/equinst/rehabilitation/index.html

 

 

 

 

⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎

当センターでは将来、競走馬に携わる仕事に就きたいと考えている方を、

研修生として募集しています(要1年以上の乗馬経験)。

興味のある方は以下の電話番号にお電話ください。

競走馬リハビリテーションセンター 総務係 TEL:0246-43-3185

⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎

 

 

 

 

暖かくなって見学ツアー

寒のもどり、、、かと思いきや、

週末、ここはやはり東北のハワイ。

 

 

 

月・火・水曜日の最高気温は一桁だったのに、

木曜日は10℃を上回り、金曜日は20℃越えです。

 

 

 

穏やかな気候に誘われる様に見学のお客様が。

31wt

おバアアイドルホースミミも、

体がよく動くのか、外にいる時間が、

30

 

 

こんなに、愛想良かったっけ?

という声が聞こえてきますが、

その答えをお子さんたちは知っています。

 

 

 

 

さて、今日はJTBさんのツアーに対応しました。

http://www.jra.go.jp/news/201901/012601.html

(来週はまだ若干の空きがあるようですが、間に合うかどうか、、、)

  

 

 

幾つかの調教施設をご覧いただいたり、

療養馬の温泉入浴風景をご覧いただいたり、

08_1

 

 

メイショウカイドウさんと記念撮影していただいたり、

06m

 

 

馬学に関するスライドを見ていただいたり

10

  

 

参加していただいたお客様、半日の見学、お疲れ様でした。

馬のリハビリ専門の不思議な事業所を楽しんでいただけとしたら、

所員一同嬉しい限りです。

 

 

 

 

   

桜の開花は、最高気温の総和でしたっけ。

32

土曜日も20℃を上回ったでしょうから、

金・土の気温が開花を後押ししたのはたしかでしょうね。

  

 

 

当センターに続く専用道路の桜だけを見に来られる方も毎年いますが、

来週が見頃だと思いますよ。

入口まできて、新しいトイレを利用して、お帰りになる。

 

 

のは寂しいではですか。

あともう少し前進して馬たちも見てみてください。

見学に関することはコチラ↓の「見学のご案内」をぜひ。

https://company.jra.jp/equinst/rehabilitation/index.html

 

 

 

 

⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎

当センターでは将来、競走馬に携わる仕事に就きたいと考えている方を、

研修生として募集しています(要1年以上の乗馬経験)。

興味のある方は以下の電話番号にお電話ください。

競走馬リハビリテーションセンター 総務係 TEL:0246-43-3185

⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎

32_7

 

 

 

 

来場者トイレ運用開始

小さな小さな事業所ではありますが、

年間6000人もの方々が、

 

 

1

馬の温泉や、

 

 

Photo

ウォータートレッドミル、

 

 

 

Photo_2

プール調教などを見学にいらっしゃいます。

  

 

宿泊施設があるエリアからは少し離れているため、

トイレを利用する方々も多々。

 

 

 

今年は、そんな皆様にも利用していただける、

来場者用トイレを新しくしました。

 

 

 

Img_0743

左端と右端がそれぞれ男性用、女性用トイレ、

 

 

 

中央の黄色い扉左が、身体障がい者用トイレです。

Img_0748

 

 
中央の扉右には、オムツ替え台を備えたベビールームも。

Img_0745_4

 

 

最近は、見学に訪れる方も多様化しており、

一般の観光客の皆様や小学校の遠足だけでなく、

老人ホームの皆様、障がいをもつ学生の皆様の見学、

また、小さなお子様連れのお母様の見学も増えています。

 

 

 

皆様に、安心して馬のいる風景をご覧いただくため、

トイレとお客様も使用できる駐車場を整備しました。

 

 

 

Img_0741_3

少し見づらいかもしれませんが、

トイレ前の駐車場は、観光バスが3台駐まれる様、

奥行きを伸ばす整備を行いました。

 

 

 

皆様に、そわそわせずに、ゆったりした気持ちで、

不思議な馬のいる風景をご覧いただければ幸いです。

 

 

ちょっと、行ってみようかなと思われた方はコチラ↓の

「見学のご案内」をご覧ください。

https://company.jra.jp/equinst/rehabilitation/index.html

 

 

 

 

桜の見頃は来週ぐらいでしょうかねぇ。

Img_0724

 

 

 

 

 

⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎

当センターでは将来、競走馬に携わる仕事に就きたいと考えている方を、

研修生として募集しています(要1年以上の乗馬経験)。

興味のある方は以下の電話番号にお電話ください。

競走馬リハビリテーションセンター 総務係 TEL:0246-43-3185

⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎

今日も

2019040316450005

一頭の療養馬がリハビリテーションセンターに到着しました。

 

 

 

寒さ戻りつつ、少しずつ暖かくなる状況を表すために、

三寒四温の言葉を引用したことがありましたが、

http://blog.jra.jp/onsen/2014/04/10/?ref=calendar

 

 

 

今のいわきは寒の戻りです。

シャツ、フリースの上にウインドブレーカーで寒い。

でも、桜は少しずつ。。。はまた明日。

 

 

 

 

⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎

当センターでは将来的に競走馬に携わる仕事に就きたいと考えている方を、

研修生として募集しています(要1年以上の乗馬経験)。

興味のある方は以下の電話番号にお電話ください。

競走馬リハビリテーションセンター 総務係 TEL:0246-43-3185

⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎

 

 

 

スタート

新しい元号が昨日発表されました。

零話、零羽、例話

すぐに第一変換候補になるのでしょうけど。

 

 

あたらしい時代のスタートです。

 

 

 

このことと比べれば、小さなスタートですが、

リハビリテーションセンターでは、

Img_0646

新たな療養馬が入厩しました。

 

 

 

そして、研修生も4名が加わり

Img_0648

月曜日の打ち合わせも、少しにぎやかになりました。

 

厩務員課程合格を目指す若者、JRA職員採用試験合格を目指す若者。

そんな若者が集まってくれたことを嬉しく思います。

 

 

 

新生活のスタート、ということで、

気温も上昇してくれればよいのですが、

Img_0702_2

 

 

春はまだ、もう少し、、、ですね。

 

 

 

⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎

当センターでは将来的に競走馬に携わる仕事に就きたいと考えている方を、

研修生として募集しています(要1年以上の乗馬経験)。

興味のある方は以下の電話番号にお電話ください。

競走馬リハビリテーションセンター 総務係 TEL:0246-43-3185

⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎

 

 

 

47年

その方の在職年数です。

 

 

 

昭和47年、当時の宇都宮育成牧場で馬取扱職として勤務をスタート。

装蹄師を自前で育成するという事業所の方針で、

途中から装蹄師になりなさい、と、職種を変更されました。 

 

 

 

馬に乗りながら、装蹄師としての技術を磨くことは、

大変な苦労ではなかったかと、引退された先輩の装蹄師から。

昭和50年免許を取得されました。

 

 

以降、装蹄師として小倉→宮崎→栗東→美浦→競馬学校と異動を重ね、

平成13年から競走馬総合研究所 常磐支所に勤務されました。

 

 

 

調馬策を教わったり、

重患馬を夜一緒に診にいったりと。

懐かしく振り返ってくれたのは当時の係長獣医師。

 

 

さらに競馬学校→日高→馬事公苑と転勤、

平成25年から再び常磐支所に勤務され、

さらに平成26年からの5年間を嘱託職員として引続き常磐に。

 

 

長い競馬会でのお仕事のうち、

常磐支所(途中から競走馬リハビリテーションセンター)での勤務は9年。

まさに、常磐のレジェンドです。

 

 

 

昨日行われた慰労会には、

北は北海道、南は九州より30余名の方が集まりました。

 

 

 

常磐での仕事ぶりを伝えるスライドあり、

各地の事業所からの暖かいビデオメッセージあり、

競走馬リハビリテーションセンターからの花束あり、

有志一同、教え子たちからの贈り物あり。

 

 

 

和やかで、笑い声の絶えない、慰労会でした。

 

 

 

年末から始動し、この日に向けて企画・予約・周知を行った大幹事、

初代幹事の異動により、バトンを受け取り現場を仕切った2代目幹事、

お二人の努力が、「その方」と参加した皆さんの笑顔に繋がりました。

 

 

 

 

3

こんな風景で、勤務を終えることができる。

うらやましい限りです。

 

 

 

 

 

⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎

当センターでは将来的に競走馬に携わる仕事に就きたいと考えている方を、

研修生として募集しています(要1年以上の乗馬経験)。

興味のある方は以下の電話番号にお電話ください。

競走馬リハビリテーションセンター 総務係 TEL:0246-43-3185

⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎

8年

東日本大震災から8年が経ちました。

14時46分、サイレン吹鳴の中黙祷を捧げました。

直後のセンターの風景。 

Img_0464

 

 

 

 

地震発生当時の温泉ブログ

http://blog.jra.jp/onsen/2011/03/14/

地震後直後の戸惑いと、周辺住民の方がを気遣う記載が。

 

 

 

発生から1年後のブログ

http://blog.jra.jp/onsen/2012/03/13/

復興に向けた気運と、がんばろういわき!のことば。

 

 

 

発生から2年後のブログ

http://blog.jra.jp/onsen/2013/03/11/

復興途中のまちの様子、いわきのまちが元気になることへの願い、

そして常磐支所(競走馬リハビリテーションセンター)で

温泉に浸かる馬を見てください!、がんばっぺいわき!と。

 

 

 

 

そして、8年。

 

当時と比べれば、間違いなく復興は進んでいます。

しかし、復旧は進んだものの、ここいわきを訪れる人の数は、

震災前ほどには戻っていません。

 

 

 

ここに住んでいる私が思うことは、

魅力あふれる、多様性に満ちたまちであるということ。 

 

 

 

当センターから湯本インター方向に少し足を伸ばせば、東北のハワイ。

お子さん大好き、スパリゾートハワイアンズ。

https://www.hawaiians.co.jp

 

 

湯本方面に向かえば、地元密着型のサッカークラブ、

いわきFCのクラブハウスを併設するIWAKI FC PARK。

https://iwakifcpark.com

 

 

湯本駅の近くにはフタバスズキリュウ(フタバサウルス・スズキイ)が皆様をお迎えする

いわき市石炭・化石館「ほるる」。

http://www.iwakiyumoto.or.jp

 

 

ほるるで昔の化石熱が再燃された方には、土日に体験発掘もできる

いわき市アンモナイトセンター。

http://www.ammonite-center.jp/taiken.html

 

 

アンモナイトセンターの最寄り四倉ICには、トマトの不思議の国、

ワンダーファーム。色とりどりのトマト狩り体験もできます。

http://www.wonder-farm.co.jp/index.html

  

 

化石掘りで疲れた体を癒すのは、湯本の温泉街。

いわき湯本温泉旅館協会。

http://www.iwakiyumoto.or.jp

 

 

私が、ここはまた行きたい!と思った場所だけでも、

いわき市内にこんなにあります。

  

 

私が未発見の魅力がまだまだたくさんあります。

いわき市観光情報サイト。

http://kankou-iwaki.or.jp

 

  

来ていただくことで、ご自身で魅力を見つけることができるまちです。

皆さんが来て、見て、体験していただくことが、

このまちの元気につながり、元に戻ること=復興にもつながります。

  

 

 

がんばっぺいわき!に賛同してくださった方、ぜひいわきに、

そしてここ、競走馬リハビリテーションセンターにも。

 

お越しいただく日をお待ちしております!。

https://company.jra.jp/equinst/rehabilitation/index.html

1

 

 

 

⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎

当センターでは将来的に競走馬に携わる仕事に就きたいと考えている方を、

研修生として募集しています(要1年以上の乗馬経験)。

興味のある方は以下の電話番号にお電話ください。

競走馬リハビリテーションセンター 総務係 TEL:0246-43-3185

⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎

 
  

  

  

 

 

旅立ち

2019030618200000

多量のウォッシャー液で視界良好になった。

はずのフロントガラス。

  

 

 

3月です。

杉の木だらけの、リハビリテーションセンターでは、

車も、玄関前も、何もかも黄色です。

 

 

 

日本の半分ぐらいの皆さん。

頑張りましょう。

あと3ヶ月。

 

 

 

3月。

当センターは移動と異動の季節です。

 

 

 

1

福島競馬場・スポーツ少年団出身。

競馬学校厩務員課程に合格しました。

 

一般企業に勤めたものの、

厩務員になりたいという想いは消えず・募り、当センターへ。

怪我で辛い時期もあったけど、想いを切らさずよく頑張ったなぁ。

 

担当する馬に対しての責任感の強い子でした。

侍、見に来ておくれ。

 

 

 

Photo_2

函館競馬場・スポーツ少年団出身。

JRAの職員採用試験に合格しました。

 

夏の暑い時期、一番眠たい時間に、

事務所の2階で自習・模擬試験したなぁ。

会議室のホワイトボードに感謝。

 

馬を作ろうとし、作れる子。 

次は馬と人との(気持ちの)関係づくりに挑戦。

頑張れ、ベル母ちゃん。

 

 

 

1_2

小倉競馬場・スポーツ少年団出身。

競馬学校厩務員課程を卒業し、待機の間当センターへ。

先日、美浦の厩舎に採用が決まりました。

 

いつみても馬の手入れが行き届いてる。

馬を安心して任せられるのはもちろん、

他の研修生のことを思い、気遣うことができるいいヤツ。

  

熱いがゆえに壁にぶつかることもある、、、。

そんな時、話を聞かせに来ておくれ。

 

 

 

Photo_3

診療部門のキャプテン。

診療・リハビリ・研究・取材対応・研修対応、

何でもできて、研修生からも慕われるお姉さん。

 

療養馬のケガをより良い状態で治療し競走復帰へ、、だけでなく、

自主性を重んじながらも研修生を成長させ各人のゴールへ導く。

自身が不在の時でも人と馬を心配する素晴らしい係長でした。

 

その姿勢を途切れさせないよう、繋げていくよ。

ミミが風邪を引いたら、すぐ電話します。

 

 

 

Photo_4

総務部門のキャプテン。

契約・調達・施設の維持管理・お客様対応に留まらず、

地域交流・診療補助・親睦会まで。

 

常磐支所だった時も、リハビリテーションセンターである今も、

そこにいた・いる人も馬も、地域に住む人も、

愛して止まない方です。

 

地元からは、惜しむ声多々。

月に1回豆鉄砲→ですよ。

 

 

 

 

 

 

改めて、

馬を、人を、想い、心配し、気遣う。

いいメンバーだったなぁと、、、しみじみ。 

 

 

 

 

 

職員はすでに3名が転入し、4月には研修生4名を迎えます。

いい形で醸成されたリハビリテーションセンターの伝統を繋げていきたいと思います。

 

 

 

 

⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎

当センターでは将来的に競走馬に携わる仕事に就きたいと考えている方を、

研修生として募集しています(要1年以上の乗馬経験)。

興味のある方は以下の電話番号にお電話ください。

競走馬リハビリテーションセンター 総務係 TEL:0246-43-3185

⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎ ⬛︎ ⬜︎

 

2月の函館

こんにちは。

約1ヶ月半ぶりの更新となります。

函館ではこの1ヶ月半の間はとても寒い日が続いておりました。

ほんの2週間ほど前はマイナス10度を下回る気温が日中でも続いており、

道に積もった雪が氷になり、とても危険な路面状況となっていました。

ところが、この1週間はもの凄く暖かくなり、日中はプラス5度を超える日も少なくありません。

こうなると、日中で溶けた氷が夜に再び凍って、路面はさらに危険になるのですが、

しばらく暖かく晴れた日が続いているため、

路面はすっかり乾いてしまいました。

函館市内の大きな道路はほとんど乾いているのではないでしょうか。

昨年の豪雪から比べると、今年は雪が少なくて本当に助かります。

雪が多いと函館にいる温泉療養馬たちにも影響が大きくなります。

昨年のようにあまりに多すぎると、除雪が間に合わなくなり、

運動するのも一苦労なのですが、

今年の2月は雪が少なく、この1週間暖かい日が続いたため、

写真のように地面が見えているところがだいぶ多くなって来ました。

Img_0808

もちろん、ここまでするのにめちゃくちゃ汗をかいて雪かきや氷割りをやりましたが…。

2月の函館のわりには天気も良く、暖かそうですよね。

ちなみに、馬が運動しないところは、下の写真の通り、まだまだ雪が残っています。

Img_9746

これが融けるのはまだまだ時間がかかりそうですね。

さて、温泉療養馬たちはもうすっかり温泉に慣れ、ゆったり浸かっています。

はじめは下の写真のように、お湯を少なくして慣れさせるのですが、

Img_2182

今入っている2頭は初めからすごく落ち着いていて、

いまや下の写真のようにすっかり馴染んでいます。

とっても眠そうです。

Img_9029

Img_8683


あくびまでしちゃっています。

Img_2665

気持ち良すぎて温泉から出たがらないこともよくあります。

しっかりリラックスできている証拠ですね。

さて、2月の函館は我々にとって別の意味も持ちます。

これまで私を支えていてくれた部下や、一緒に働いてきた同僚、上司の皆さんが、

この2月末で異動により別の部署や競馬場へと旅立っていきます。

1年間、本当にお世話になりました。

非常に寂しいところではありますが、

次のところでも活躍していただけるよう、祈っております。

そして、新しくやってくる方々とともに、

ブログをご覧の皆様にも楽しんでいただけるような、

新しい函館競馬を盛り上げていきたいと思います。

では、また近いうちに更新いたします。