« 2024年1月 | メイン

消防訓練

こんにちは

年始に起きた能登半島の地震

羽田空港での航空機事故

北九州小倉の商店街火災など・・・

今年は年始めから大きな災害や事故が起きました

亡くなられた方々に深い哀悼の意を表し、ご遺族と被災された方々に心からお見舞いを申し上げます

このような災害や事故は、いつでも身近で起こりうることですし、やはり備えが大切

ということで、先日、いわき市常磐消防署のご協力を得て、当センターの消防訓練を行いました

まずは、事務所食堂の厨房付近から出火したという想定で避難訓練

スタッフごとに担当を決めて、火災を確認し周囲に知らせる、消防署に通報する、初期消火をする、避難誘導をするなど、実践を想定した形で行いました

そのあとは、会議室に移動して救命講習を

Photo_4

Photo

消防署の方による丁寧な指導・実演をいただきながら、心臓マッサージの方法やAEDの使い方などを習得

Photo_5

Photo_2

Aed

思ったほど難しくはなく、救命措置が必要な現場に居合わせたときでも、実際にできるような感覚を持つことができました

いわき市常磐消防署の皆様、ありがとうございました!

来場された見学者の方や当センターで働くスタッフが、怪我をしたり体調不良になることはいつでもありうること

そんな時、体が自然と動き的確な救護ができるようになるためには、このような日々の訓練がとても大切なんだな

そのことを身に染みて感じる一日となりました

当センターの消防訓練の様子は、いわき市消防本部のHP(以下のURL)にも掲載されています

https://www.city.iwaki.lg.jp/www/contents/1706765849976/index.html (外部サイトに移動します)

Photo_6

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

当センターでは一般の方でも専用エリアから調教の一部や温泉風景を見学できます。

また、将来的に馬に関する仕事に就きたい方の研修等も受け付けております。

見学・研修を希望する方はこちらをぜひご覧ください。

馬取扱講習会2024

2月19日(月)は、都合により終日リハビリをお休みとさせていただきます

こんにちは

昨年、当ブログで紹介した「馬取扱講習会」

今年も、スタッフの知識を深め技術を高める目的で行いました

JRA馬事公苑から2名の講師を招いて

グランドワークに関する実技・指導では、人馬のコミュニケーションをとる方法・タイミングなどを

Gw_2

Gw_3

Gw_4

騎乗技術の指導・実演では、馬上でのバランスのとり方、直すべき姿勢の癖などを

Photo

Photo_2

Photo_3

Photo_4

とても分かりやすい言葉で丁寧に教えていただきました

ただ、言葉では理解できても実践するとやっぱり難しい

でも、コツコツと積み重ねていけば、いつの間にかに感覚がわかるように

そして、いつしか自分ができるようになり自信につながっていく・・・

そんな未来につながるきっかけとなった時間

そのように感じました

当センターで馬の世話や騎乗を担当している方は臨時厩務員(研修生)と呼ばれます

臨時厩務員は、将来、JRAの厩務員や馬取扱職員を目指している者が多く、ここで働きながら馬に関する様々な知識、経験を身につけています

このような講習会は年に1回程度ですが、当センターは、常駐の馬取扱専門スタッフから、日々技術指導を受けられる環境です

また獣医学や装蹄、リハビリに関する知識も学べます

JRAの厩務員を目指している方、当センターで働くことに興味がある方は、是非一度ご連絡ください!

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

当センターでは一般の方でも専用エリアから調教の一部や温泉風景を見学できます。

また、将来的に馬に関する仕事に就きたい方の研修等も受け付けております。

見学・研修を希望する方はこちらをぜひご覧ください。