活躍馬情報(事務局)

6月27日(土)3回東京1R 2歳未勝利において、日高育成牧場で育成された

ジュラメント号が勝利しました!!

_202006271r_01_c0081

6月27日(土)3回東京競馬 第7日目 1R 

2歳未勝利 芝1,600m

ジュラメント号(ダイワジャンヌ2018)牝

〔厩舎:根本康広(美浦) 父:キズナ〕

また、6月28日(日) 3回阪神12R リボン賞において、日高育成牧場で育成されたローザノワール号が勝利しました!!

_2020062812r_jjja0390

6月28日(日)3回阪神競馬 第8日目 12R 

リボン賞(3歳以上2勝クラス) 芝1,600m

ローザノワール号(ダノンスズランの17) 牝

〔厩舎:西園正都(栗東) 父:マンハッタンカフェ〕

今後のさらなる活躍を期待しております。

活躍馬情報(事務局)

   6月21日(日)1回函館1R 3歳未勝利において、日高育成牧場で育成された

 ラキ号が勝利しました!!

2020062101_w0046202006211r_

6月21日(日)1回函館競馬第4日目1R 

3歳未勝利 芝1,200m

ラキ号(キスショットの17)牝

〔厩舎:小崎憲(栗東) 父:ジャスタウェイ〕

今後のさらなる活躍を期待しております。

活躍馬情報(事務局)

 6月13日(土)4回阪神5R 2歳新馬において、宮崎育成牧場で育成された

 ヨカヨカ号が勝利しました!!

_202006135r_eeec8010

6月13日(土)4回阪神競馬第1日目5R 

2歳新馬 芝1,200m

ヨカヨカ号(ハニーダンサー2018)牝

〔厩舎:谷潔(栗東) 父:スクワートルスクワート〕

 6月13日(土)1回函館11R 函館日刊スポーツ杯では、日高育成牧場で

生産・育成れたJRAホームブレッドのファイブフォース号が勝利しまし

た!!

_20200613_11_w0627

6月13日(土)1回函館競馬第1日目11R 

函館日刊スポーツ杯 芝1,200m

ファイブフォース号(バクシンスクリーンの14)牝

〔厩舎:高橋裕(美浦) 父:アルデバランⅡ〕

 6月14日(日)4回阪神8R 3歳以上1勝クラスでは、日高育成牧場で育成さ

 れたアドマイヤポラリス号が勝利しました!!

 

_202006148r1_08_x0404

6月14日(日)4回阪神競馬第2日目8R 

3歳以上1勝クラス 芝2,000m

アドマイヤポラリス号(ソングオブサイレンスの16)牡

〔厩舎:友道康夫(栗東) 父:ジャスタウェイ〕

今後のさらなる活躍を期待しております。

活躍馬情報(事務局)

 5月24日(日)2回東京3R 3歳未勝利において、日高育成牧場で生産・育成されたJRAホームブレッドのアイブランコ号が勝利しました!!

_202005243r_03_d2234

5月24日(日) 2回東京競馬第10日目 3R 3歳未勝利 芝2,000m

アイブランコ号(クリスコンフリクトの17) 牡

〔厩舎:中野栄治(美浦) 父:ケープブランコ〕

 

今後のさらなる活躍を期待しております。

育成馬ブログ(生産⑥)

○ブルーライトマスクの効果と活用法

 例年に比べると積雪の少ない暖かい冬となった日高地方でしたが、一転して4月は肌寒い日々が続いていました。そんな日高地方も5月になってからはようやく暖かくなってきており、この春に生まれた子馬たちも元気に日々を過ごしています。

 

ブルーライトマスクによるライトコントロールの効果

 今回は、以前に紹介したブルーライトマスク(写真1)によるライトコントロール(http://blog.jra.jp/ikusei/2020/01/post-2760.html)を試した結果について、報告したいと思います。ライトコントロール法について詳しく知りたい方は、こちら(http://blog.jra.jp/ikusei/2014/01/post-5575.html)を参考にしてください。

 ブルーライトマスク(EquilumeTM Light Mask)は、単眼ブリンカーの内側に青色発光ダイオードが組み込まれており、馬房に集牧しなくてもライトコントロールの効果が得られる製品です。今シーズンの空胎馬7頭の内、このマスクを装着して24時間放牧を継続した群(4頭)と従来の馬房でライトコントロールを継続した群(3頭)に分けて検証を行いました。

1

写真1. ブルーライトマスク

 両群のシーズン初回排卵、受胎状況についてまとめた結果は表1のようになりました。両群ともライトコントロールを12月より開始したところ、3月上旬までには全ての馬でシーズン初回排卵が認められました。この結果から、ブルーライトマスクを装着して24時間放牧を実施した状態でもライトコントロールの効果が得られ、シーズン初回排卵の早期化に対しては効果的であると考えられます。

 一方で、受胎状況について見てみると、ブルーライトマスク群では種付した4頭中1頭のみ受胎(※不受胎の中で1頭は2回目の種付で受胎)、馬房群では種付した2頭とも受胎という結果でした。この結果は、24時間放牧では給餌による繁殖牝馬のボディーコンディションスコア(BCS)の維持が難しくなること、夜間に氷点下の環境下に晒されてしまうことなどの影響であると考えられ、繁殖牝馬を受胎に向けて適切な状態に維持するためには、ブルーライトマスクの装着のみでは不十分なのかもしれません。今後は、24時間放牧における適切な飼養管理方法について、さらなる検討を行っていきたいと思います。

Photo

表1.ブルーライトマスクの効果の結果

 

ブルーライトマスクの活用法

 これまで述べてきたように、ブルーライトマスクの装着のみで発情の早期化の効果は得られるものと考えられます。このことから、馬房内にタイマーによるライトコントロールを実施できる設備のない施設では、ブルーライトマスクは有効な選択肢になるものと思われます。当場では、海外から輸入した繁殖牝馬に対して輸入検疫中にブルーライトマスクを装着する試みも行いましたので、その結果についても紹介します。

 2019年に海外から輸入した2頭の繁殖牝馬に対して、12月初旬に輸入検疫施設に入所した時から、ブルーライトマスクを装着しました。ブルーライトマスクの装着は、事前に動物衛生検疫所に申請を行い、許可を得てから装着しています。12月下旬に当場に移動してからは、ブルーライトマスクを装着した状態で昼放牧の管理を行いました。一方で、2018年に海外から輸入した2頭の繁殖牝馬は、12月下旬に当場に移動してからライトコントロールを実施できる設備のある検疫厩舎でライトコントロールを開始しました。つまり、2019年に輸入した2頭については、2018年の2頭に比べると、20日ほど早くライトコントロールを開始しています。

 これらの輸入繁殖牝馬のシーズン初回排卵、受胎状況についてまとめた結果は、表2のようになります。両群とも3月下旬までにはシーズン初回排卵を認めていて、初回排卵の早期化の効果が得られたことを示す結果となりました。一方、受胎状況については、2018年の通常群で2頭中1頭が受胎であったのに対し、2019年のブルーライトマスク群では2頭とも受胎という結果でした。この結果は、ブルーライトマスクによるライトコントロールであっても、馬房内での適切な飼養管理を行えば、早期に受胎させることが可能であることを示す結果と言えるかもしれません。

Photo_3

表2.輸入検疫中のブルーライトマスクの効果


 以上のように、ブルーライトマスクの装着によるライトコントロールは、初回排卵の早期化に効果的であると考えられます。しかし、その状態での繁殖牝馬の24時間放牧に関しては課題が残っている状況です(図1)。このことを踏まえて、今回紹介した内容を活用していただければ幸いです。

Photo_4

図1.ブルーライトマスクの効果のまとめ

活躍馬情報(事務局)

 5月17日(日)新潟6R 3歳未勝利(若手騎手)では、宮崎育成牧場で育成されたアベックフォルス号が勝利しました!

_e2020051706_z0720

5月17日(日)1回新潟競馬第4日目6R 

3歳未勝利若手騎手 ダート1,800m

アベックフォルス号(ラフォルトゥナの17)牡

〔厩舎:加藤士津八(美浦) 父:エスケンデレヤ〕

 

今後のさらなる活躍を期待しております。

活躍馬情報(事務局)

 少し前のレースになりますが、4月19日(日)中山10R 京葉ステークス(L)では、日高育成牧場で育成されたヒロシゲゴールド号が勝利しました!

 

_s_g_e2020041910_e0665

4月19日(土)3回中山競馬第8日目10R 

京葉ステークス(L) ダート1,200m

ヒロシゲゴールド号(エフテーストライクの15)牡

〔厩舎:北出成人(栗東) 父:サウスヴィグラス〕

  

 また、5月2日(土)の京都競馬では、日高育成牧場で育成されたダイメイコリーダ号、ノンライセンス号が勝利しました!

Ffa_7901202005026r

5月2日(土)3回京都3日目6R 3歳1勝クラス ダート 1,800m

ダイメイコリーダ号(ミラクルフラッグの17) 牡

〔厩舎:森田直行(栗東) 父:エスケンデレヤ〕

 

Ffa_8095202005028r

5月2日(土)3回京都3日目6R 4歳以上2勝クラス ダート 1,200m

ノンライセンス号(サマーリガードの16) 牝

〔厩舎:松永幹夫(栗東) 父:パイロ〕

今後のさらなる活躍を期待しております。

2020JRAブリーズアップセール 最終結果

2020JRAブリーズアップセール

最終結果

  

4月28日から4月30日にわたり開催しました「2020JRAブリーズアップセール」の最終結果について、下記のとおりお知らせいたします。

 詳細な売却結果をダウンロード(PDF:209KB)

 

   

1.実施月日 第1回入札 令和2年4月28日(火)9:00~13:00

       第2回入札 令和2年4月29日(祝水)9:00~13:00

       第3回入札 令和2年4月30日(木)9:00~13:00

2.購買登録(メール登録)馬主数 291名

4.上場頭数    75頭

5.売却頭数    牡37頭  牝38頭

6.総売却価格   7億2,666万円 (税込み)

7.最高売却価格(税込み)

   牡 2,508万円 (チャオプラヤ2018)

   牝 3,410万円 (ダイワジャンヌ2018)

8.平均売却価格(税込み)

   牡 1,039万円

   牝   900万円

 

ブリーズアップセール事務局

2020JRAブリーズアップセール 第2回入札結果・第3回入札(再上場②)上場馬発表

2020JRAブリーズアップセール

第2回入札結果および第3回入札(再上場②)上場馬発表

  

 本日実施しました「2020JRAブリーズアップセール」の第2回入札結果について、以下記とおりお知らせします。

  

1.実施月日    令和2年4月29日(祝・水)9:00~13:00

2.上場頭数    15頭

3.売却頭数    牡6頭  牝3頭

 

第1回入札および第2回入札 結果をダウンロード(PDF:202KB)

 

また、翌日4月30日(木)に行う第3回入札(再上場②)の上場馬および台付価格を発表いたします。

 

第3回入札(再上場②)の上場馬・台付価格をダウンロード(PDF:100KB)

 

ブリーズアップセール事務局

2020JRAブリーズアップセール 第1回入札結果・第2回入札(再上場①)上場馬発表

2020JRAブリーズアップセール

第1回入札結果および第2回入札(再上場①)上場馬発表

  

 本日実施しました「2020JRAブリーズアップセール」の第1回入札結果について、以下記とおりお知らせします。

  

1.実施月日    令和2年4月28日(火)9:00~13:00

2.上場頭数    75

3.売却頭数    60頭(牡28頭 牝32頭)

 

第1回入札結果ダウンロード(PDF:197KB)

 

また、翌日4月29日(祝・水)に行う第2回入札(再上場①)の上場馬および台付価格を発表いたします。

 

第2回入札(再上場①)の上場馬・台付価格をダウンロード(PDF:121KB)

 

ブリーズアップセール事務局