育成馬ブログ 日高②

○  寒くても元気いっぱい!(日高)

 

日高育成牧場のある浦河町では、

例年よりかなり早い10月20日に初雪が降りました。

その後も道路上に「根雪」はないものの、

11月末には終日気温があがることなく

最低気温が氷点を下回る毎日です。

寒さが日々厳しくなっている北海道から、

元気いっぱい調教に励む育成馬の近況をお伝えします。

  

育成馬の近況

 

JRA育成馬の近況をお伝えします。

最初に馴致を終了した第1群(牡23頭)は、

屋外1600mダート馬場での縦列調教(1周:ハロン20秒程度)を

繰り返し実施しています。

屋内800m馬場に比べて

外部からの様々な刺激を受けやすい屋外馬場で、

落ち着いた縦列走行ができています。

 

この時期の調教の基礎である、

①前に(Go forward)

②真っ直ぐ(Go straight)

③落ち着いて(Go calmly)

走行することができ、力強さも感じられるようになってきました。

 

動画1.屋外1600m馬場で駈歩調教を行う牡馬。

先頭からムツミマーベラスの15(父:ヴァーミリアン)、

サワヤカブランの15(父:ルーラーシップ)、

フローラルホームの15(父:バゴ)、

ルカダンスの15(父:エイシンフラッシュ)、

カネトシフィオーレの15(父:プリサイスエンド)。

 

また、10月に入って馴致を開始した第2群(牝22頭)は、

これまで屋内トラックにおいて、

ハロン26-24秒程度で1周(縦列)+2周(2列縦隊)

の調教を繰り返してきました。

当初は真っ直ぐ走れない、

または馬群を気にして落ち着かない馬もいましたが、

現在は綺麗な隊列で安定した(真っ直ぐ:Go straight)走行ができています。

11月中旬からは順次、

屋外1600mダート馬場でのキャンターも開始しています。

 

 

動画2.屋内800m馬場で駈歩調教を行う牝馬。

先頭内レディーロックフォードの15(父:ヨハネスブルグ)、

先頭外マイネレーヌの15(父:ビクトワールピサ)、

2列目内マイネナデシコの15(父:ゴールドアリュール)、

2列目外アサクサコンソメの15(父:ハービンジャー)。

 

最後に馴致を開始した第3群(牡11頭、牝4頭)も

極めて順調に調教が進んでいます

既に800m屋内トラックでの基礎固めは終了しており、

年内に無理なく1・2群と合流できそうです。

  

トレッドミルを導入しました

 

この11月、日高育成牧場育成馬厩舎に

馬用トレッドミルが導入されました。

既存の研究用トレッドミルに比べ簡易なタイプですが、

育成厩舎横に設置されたことで

日常管理の中での使用が可能となりました。

 

現在は主に疾病からの立ち上げが必要な

育成馬のリハビリ用に使用していますが、

次年度からは騎乗馴致前の基礎体力作りへの

応用なども検討しています。

これから様々なデータをとりつつ、

より良い使用方法を検討しようと思います。

新しい知見が得られた際には同ブログでも報告します。

   

Photo_3

写真1.トレッドミル運動でのリハビリに臨む育成馬。

胸に巻いているのはハートレートモニターで、

運動中の心拍数をモニタリングします。

 

 

動画3.トレッドミル運動中の育成馬。

人が騎乗せずに落ち着いてまっすぐ走ることができるので、

運動器疾患からのリハビリにとても有効です。

  

育成馬検査を実施しました

 

11月8日・9日にJRA馬事部生産育成対策室の職員が来場し、

育成馬検査を行いました。

例年11月と翌年の1月に実施するこの検査は、

育成馬の成長度合いや調教状態を把握することを目的に実施しており、

あわせてベストターンドアウト賞の審査も実施しています。

 

この検査で実施するベストターンドアウト賞の審査基準は、

「馬のしつけと手入れが行き届き、かつ人馬の一体感を感じさせる

展示・引き馬・調教が行えていること」です。

育成馬の視察でお客様や生産牧場の関係者が来場した際に、

気持ちよく見て頂く準備ができているか否かを確認し、

受賞できなかった人馬には何が不足していたのか、

これまでの日々を振り返る良い機会となります。

お客様に馬を見ていただけるチャンスを最大限に活かすため、

今後も継続していきたいと考えております。

 

1_2

写真2.育成馬検査風景。悪天候のため、

今回は角馬場横の通路で馬を展示しました。

 

寒さも厳しくなってきましたが、

是非ともJRA育成馬の姿を見にお越しください。

皆様のご来場をお待ちしております!

育成馬ブログ 生産編②「その2」

3.後膝のレントゲンの馴致

 

市場レポジトリーでは、

購買者から後膝のレントゲンが求められるようになりました。

もちろん、上場しない場合であっても、

この部位の撮影を実施する機会は少なくありません。

 

一方、後膝や股間にレントゲンのカセットが触れて馬が蹴り上げて、

撮影者や撮影補助者が大怪我をするケースも少なくありません。

このため、まだ体が小さく、力が弱い当歳のこの時期に

後膝のレントゲンの馴致を実施することをおすすめします。

 

敏感な馬については、最初はタオルパッティングから実施し、

徐々にカセットに慣れさせていきましょう。

 


YouTube: 後膝レントゲン検査の馴致

 

(※タオルパッティングを用いた方法については、こちらをご覧ください)

http://blog.jra.jp/ikusei/2016/03/post-84bd.html

  

 

当歳馬の躾の基本的な考え方

 

以上の躾の基本的な考え方は、

「人間が馬に求めていることは、

危険なものでも痛みを伴うものでもないと、馬に納得させること」です。

  

例えば、レントゲンのカセットが股間に触れたところで、

痛みを感じる馬はいません。

これまで触られたことが無い部位であり、

本能的に「何か痛い目に遭うのではないか」と、

恐怖を感じているだけです。

 

他の馬と離れて不安を感じるのは、

自分だけ群と離れて、守ってくれる馬がおらず、

痛い目に遭わされるのではないかと、

恐怖を感じているだけです。

  

このため、人間が馬に対して

「カセットが股間に触れても痛くないこと」

「1頭だけで残されても人間が安心感を与えてくれること」

を納得させることが、

人馬の信頼関係の構築に繋がります。

  

紀元前の哲学者クセノフォンは、

「馬を群衆に慣れさせる方法は、

馬を群衆のいるところに連れていき、

騒音や目に見えるものすべてが

怖いものではないということを教えることだ」と言っています。

2000年以上、

連綿と世界中のホースマンに受け継がれてきた

馬の躾の基本方針ですね。

                          

【ご意見・ご要望をお待ちしております】

JRA育成馬ブログをご愛読いただき誠にありがとうございます。

当ブログに対するご意見・ご要望は

下記メールあてにお寄せ下さい。

皆様からいただきましたご意見は、

JRA育成業務の貴重な資料として活用させていただきます。

アドレス jra-ikusei@jra.go.jp

育成馬ブログ 生産編②「その1」

・離乳後、当歳馬をしつけるための「3つの方法」

 

離乳直後の当歳馬は、

「母馬」という絶大な安心感を喪失するため、

少なからず精神的に不安定な状態に陥ります。

このため、馬によっては

離乳後に取扱いが困難になる場合もあり、

これまで以上に人に対する信頼感や

安心感を育む努力が必要になります。

  

一方、放牧地で十分な青草を食べながら、

他の馬たちと一緒に自発的な運動をすることが、

この時期の子馬の健康な成長にとって必要不可欠であるため、

必然的に人間と接する時間は限られます。

このため、短時間で効果的な躾を実施することが求められます。

  

そこで、今回の育成馬ブログでは、

離乳後の当歳に対して日高育成牧場で実施している

「集放牧の時間を利用した躾」について、

3つの方法をご紹介します。

毎日継続して、これらを実施することで、

人馬の信頼関係をしっかり構築していくことができます。

  

1.間隔を離した引き馬

 

集放牧時、群のままで前の馬との間隔をつめる引き馬では、

馬は落ち着いて歩きます。

しかし、場合によっては、引いている人ではなく、

前の馬をリーダーとして認識しています。

このため、前の馬との間隔を空けることで、

引いている人がリーダーとなり、人馬の関係を構築します。

「常に馬の意識を人間に向けさせること」を念頭に置き、

前に歩かない馬や、逆に前に行きたがる馬の場合、

引いている人が馬のスピードをコントロールしましょう。

 

Photo 

前の馬との間隔を空けた引き馬

  

2.駐立・常歩展示の練習

 

集放牧時に、

放牧地と厩舎の途中で駐立・常歩展示の練習をします。

重要なことは、必ず1頭で実施することです。

落ち着くからといって、

他の馬を近くに残しておくことは、「全く意味がありません」。

馬が寂しがったとしても、

人間がリーダーとなって安心感を与えましょう。

 

駐立および常歩展示、

いずれの場合であっても重要なことは、

「人と馬の距離感」です。

特にリード(引き綱)はゆったりと保持し、

決して短く保持して

無理矢理抑え付けることがないように気を付けましょう。

ここでも同様に、

馬の意識を人間に向けさせることがポイントになります。

 


YouTube: 駐立展示の練習

 

 


YouTube: 常歩展示の練習

 

つづく

活躍馬情報(事務局)

11月5日の京都1R(2歳未勝利)で、

日高育成牧場で育成されたエッシャー号が優勝しました。

通算5戦目、1番人気に応えての勝ち上がりとなりました。

同馬は本年4月に開催された

2016年JRAブリーズアップセールで取引されました。

今後の活躍を期待しております。

 

201611051r__g02 

 11月5日 5回京都競馬1日目 第1R  2歳未勝利 ダ 1,200m

エッシャー号(グラッドリーの14) 牡

【 厩舎:中竹 和也 厩舎(栗東) 父:サウスヴィグラス 】

「強い馬づくりのための生産育成技術講座2016」開催のご案内

競走馬の生産育成にたずさわる皆様への

情報提供・技術普及を目的とした

「強い馬づくりのための生産育成技術講座2016」を

以下の日程で開催いたします。

  

開催日時および場所

 ① 平成28年11月14日(月) 18:00-19:45

   浦河町 浦河総合文化会館・文化ホール4F

 ② 平成28年11月15日(火) 18:00-19:45

   日高町 門別総合町民センター・大集会室2F

  

講演内容:

・  『馬鼻肺炎の予防対策』

(JRA競走馬総合研究所 分子生物研究室 辻村行司) 

・  『育成後期の運動器疾患』

(軽種馬育成調教センター 軽種馬診療所 安藤邦英) 

・  『レポジトリにおけるX線所見について』

(JRA日高育成牧場 生産育成研究室 佐藤文夫)

 

司会進行: 羽田哲朗(JRA日高育成牧場 生産育成研究室)

日高軽種馬生産振興会青年部連合会

 

【主催】

 JRA日高育成牧場

 日高軽種馬生産振興会青年部連合会

【後援】

 日高軽種馬農業協同組合

【お問い合わせ】

 JRA日高育成牧場 生産育成研究室

 TEL:0146-28-2084(土・日・祝除く9:00~17:00)

 

事前申し込みは不要、入場無料でご参加いただけますので、

多くの皆様のご来場をお待ちしております。

 

Photo_7

Photo_9

昨年の様子(左:浦河町、右:日高町)

 

活躍馬情報(事務局)

10月30日の東京2R(2歳未勝利)で、

日高育成牧場で育成されたサノサマー号が優勝しました。

堂々の1番人気に応え、通算4戦目での勝ち上がりとなりました。

同馬は本年5月の北海道トレーニングセールで取引されました。

 

201610302r__g

 10月30日 4回東京競馬9日目 第2R  2歳未勝利 ダ 1,600m

サノサマー号(パピュラの14) 牡

【 厩舎:中舘 英二 厩舎(美浦) 父:サマーバード】

  

さらに、同日の東京3R(2歳未勝利)では、

日高育成牧場で育成されたフジマサクイーン号が優勝しました。

ダートがわり2戦目となる3戦目での勝ち上がりとなりました。

同馬は本年4月に開催された

2016年JRAブリーズアップセールで取引されました。

 

201610303r__g

10月30日 4回東京競馬9日目 第3R  2歳未勝利 ダ 1,400m

フジマサクイーン号(チューベローズの14) 牝

【 厩舎:菊川 正達 厩舎(美浦) 父:シニスターミニスター】

 

両馬の今後の活躍を期待しております。 

 

育成馬ブログ 宮崎②

○初期馴致とナチュラルホースマンシップの考え方(宮崎)

 

9月20日に宮崎県を直撃した台風16号によって、

県内では突風や浸水などの被害を受けました。

宮崎育成牧場においても、

倒木による放牧地のフェンスの破損等の被害が見られました。

幸いにも育成馬に怪我等はありませんでしたが、

改めて自然災害の恐ろしさを痛感しました。

 

台風後も10月上旬までは30度を越える夏日が続きましたが、

10月中旬に入ると、秋の気配を感じるようになってきました。

寒暖の差が激しくなる季節の変わり目でもありますので、

人馬ともに体調管理を第一に考えて、育成調教を実施しています。

               

Photo_2       

写真① 台風16号の突風による倒木が放牧地のフェンスを破損

 

育成馬の近況

 

2群に分けて騎乗馴致を進めている育成馬の近況をお伝えいたします。

9月上旬から騎乗馴致を開始している1群(牡馬10頭)は、

最初の3週間はドライビング中心に馴致メニューを組み、

現在は角馬場での騎乗による速歩調教を重点的に実施し、

500m馬場においてハッキング程度の

キャンター調教を行えるまでになっています。

11月からは1600m馬場でのキャンター調教を実施する予定です。

 

一方、10月上旬から騎乗馴致を開始している2群(牝馬12頭)は、

ドライビングを中心に実施しながら、

同時に丸馬場での騎乗も行っています。

11月には角馬場において集団での速歩調教を開始する予定です。

 

Photo_3

写真② 500m馬場で隊列を整えた速歩を実施する1群牡の育成馬

 

初期馴致とナチュラルホースマンシップの考え方

 

JRA育成馬に対する初期馴致は、

「育成牧場管理指針」に基づいて実施しています。

海外では初期馴致のことを「ブレーキング(Breaking)」と呼んでいます。

これは「馬と馬の関わる社会(野生の群れ)の約束事を壊して(Break)、

新たに人と馬の関わる社会の約束事を構築する」という意味を表しています。

 

近年、初期馴致を含めた馬の調教において、

「ナチュラルホースマンシップ」に基づく考え方が浸透してきています。

一言で述べるのは困難ですが、群れで行動する馬の本能を利用して、

人を群れのリーダーと見なして

尊敬あるいは信頼(リスペクト)させることが重要であるという考え方です。

 

尊敬やリーダーという言葉からは、

馬を物理的あるいは精神的に

屈服させることを想像するかもしれませんが、

馬が自発的に人のことを

群れのリーダーと見なすようにならなければならず、

そこに「恐れ」という感情があっては成り立たちません。

 

さらに掘り下げて考えると、

野生の馬の世界では相手のスピードと方向を制御する

「アルファ」と呼ばれるリーダーが群れを統制しているので、

人が「アルファ」とならなければなりません。

「アルファ」としてどのように行動すれば良いかを考える時に、

母馬と子馬の関係が分かりやすいといわれています。

 

子馬は母馬の目の届く「円形の範囲」で過ごしており、

母馬は子馬が円の外に出ると、円の中の戻そうと行動します。

つまり、母馬が子馬の方向を制御し、

円の内側に入れてスピードを制御して「アルファ」となります。

子馬の側から見ると、

前後左右の動作は母馬の許可を得なければならず、

スピードと方向を制御されているということになります。

 

この考え方を利用したのが、

JRA育成牧場における初期馴致のプロセスのなかで

重点的に取り組んでいるドライビングです。

ドライビングは、騎乗せずに2本のロングレーンを使用して、

馬車の御者のように馬を後方から制御することです。

下の動画のように、速歩でのドライビングによる手前変換こそが

母馬が円の外に出ようとする子馬を

円の中の戻そうとする行動そのものとなります。

 

つまり、ドライビングによって

馬のスピードと方向を制御することが可能となります。

ドライビングで自在にコントロールできるようになると、

騎乗後もスピードと方向を制御することが容易となるのみならず、

初期馴致を開始する前には取り扱いが難しかった馬が

従順になることもよく見受けられます。

 


YouTube: 16-17年育成馬日誌宮崎②VTR

 

このように考えてみると、

欧州で伝統的に行われてきた「ブレーキング」という考え方が、

近年、ナチュラルホースマンシップというツールを通して

「アルファ」や「リスペクト」という

異なった言葉で表現されるようになっただけであり、

根本の考え方は変わってはいないように思われます。

 

どちらが正しいかということではなく、

重要なことは「馬は接する人の姿を映す鏡」ともいわれるように、

正しいアプローチであるかどうかの答えは

馬が出してくれるということなのかもしれません。

 

Photo_4

写真③ ドライビングによるスラロームで杉林の間を通過

育成馬ブログ 日高①

○  今シーズンのJRA育成馬が揃いました!(日高)

  

今年の異常気象、ここ北海道も例外ではありません。

6月には100ミリ以上の大雨が4回もみられ、

それ以降も台風による「記録的大雨」が

道内各地に大きな被害をもたらしました。

 

そうかと思えばサマーセール終了後の9月になっても、

熱中症に注意が必要な猛暑日がみられました。

気候は不順となりましたが、

JRA育成馬は皆ここまで順調に成長しています。

 

Photo                    

写真1.放牧地で朝を迎えたJRA育成馬たち。

一晩中、牧草を食べ歩いた疲れからか、迎えに行っても起きようとしません。

  

 

1歳市場「サマーセール」が終了しました

 

8月末、この時期の風物詩ともいえる

国内最大規模の1歳馬市場「サマーセール」が

北海道市場で開催されました。

 

今年は例年より1日長い5日間(8月22日~26日)のスケジュールで、

1,267頭の1歳馬が上場されました。

JRAはこのセールで55頭の育成馬を購買し、

そのうち43頭が日高育成牧場に入厩しています。

 

Photo_2 

写真2.サマーセール当日の購買馬検査。

天気はイマイチでしたが素晴らしい1歳馬を購買できました。

今から期待が膨らみます!

 

Photo_3

写真3.サマーセール購買馬(牝馬)の入厩直後の放牧風景。

  

 

今年もサマーセール事前検査を実施しました

 

サマーセール当日は朝8時から比較展示が行われ、

11時半からセリがはじまります。

購買者は午前中の展示時間を使って、

セリ名簿と実馬の馬体や健康状態、

性格などを見比べて購買候補馬を決定します。

 

一般的な購買者は馬を選定してから検査するため

時間的に余裕がありますが、

JRAのようにすべての馬を確認するとなると時間が足りません。

 

そこでJRAでは、

今年も上場馬を多く預託しているコンサイナーにお願いして

事前の検査をさせてもらいました。

今年は45の牧場で709頭の検査をさせてもらいました。

協力していただきましたコンサイナーの皆様には、

この場を借りて御礼申し上げます。

 

Photo_4

写真4.事前検査ではJRAの獣医・装蹄職員が購買候補馬を選定しました。

  

  

オータムセールも終了しました

 

10月3日から開催されたオータムセールにおいて、

JRAは2頭の1歳馬を購買しました。

今年のセールは活況かつ熱気あふれたものとなり、

JRAもかなり苦戦しながらの購買となりました。

JRAはオータムセール終了時点で合計74頭の1歳馬を購買し、

7月上旬の八戸市場からスタートした今年の育成馬購買が終了しました。

  

騎乗馴致を開始しています

 

10月6日現在、日高育成牧場には

60頭(市場購買馬54頭、JRAホームブレッド6頭)の

1歳馬が入厩しています。

 

このうち牡馬23頭は、9月5日から騎乗馴致を開始しました。

馴致の流れや方法は例年とほぼ同じなのですが、

年々馬が大人しく扱いやすくなっていると感じます。

今年の牡馬23頭も殆ど問題なく、

スムーズに騎乗まで進めることができました。

 

10月3日からは牝馬22頭の騎乗馴致を開始していますが、

こちらも油断することなく、人馬ともに安全に進めていきたいと思います。

  


YouTube: 第1群の調教風景

動画1.馴致開始から19日目の調教状況(牡馬)。

前の馬について落ち着いて走ることができています。

  

 

BTC研修生の馴致研修を行っています

 

日高育成牧場では今年も、

BTC(軽種馬育成調教センター)の

育成調教技術研修生の馴致実習を受け入れ、

現在34期生20名が研修しています。

 

研修生には入学するまで馬に接したことのなかった生徒も多く、

若馬を取扱うのはJRAでの研修がはじめてです。

育成馬と日々触れ合い、

実際に騎乗馴致を行うことで

多くのことを吸収してほしいと思います。  

 

Photo_5

写真5.乗馬を使って馴致練習をする研修生。

研修では実際のJRA育成馬を用いた騎乗馴致にも携わりました。

  

今回は以上です。

北海道は現在、季節の変わり目で気温も下がりはじめています。

次回のブログでは寒さの中で元気に成長している

育成馬達の調教動画を中心にお伝えしようと思います。

活躍馬情報(事務局)

10月10日の東京1R(2歳未勝利)で、

日高育成牧場で育成されたユニルドール号が優勝しました。

ダート替わり2戦目、通算5戦目での勝ち上がりとなりました。

同馬は本年4月に開催された

2016年JRAブリーズアップセールで取引されました。

今後の活躍を期待しております。

201610101r__g 

 10月10日 4回東京競馬3日目 第1R  2歳未勝利 ダ 1,400m

ユニルドール号(オルティスローザの14) 牝

【 厩舎:池上 昌弘 厩舎(美浦) 父:アイルハヴアナザー 】

 

育成馬ブログ 生産編①

離乳後の当歳馬たち

 

9月中旬、ようやく北海道らしい涼しい気候になり、

日高育成牧場の当歳馬5頭は、

大きな病気もなく、順調に成長しています。

 

すべての当歳は8月末までに離乳が終了しており、

現在は「保母役」の牝馬(繁殖を引退した19歳の馬)に

見守られながら、22時間の昼夜放牧をしています。

  

9月15日現在、

放牧地の青草と1日1kgのバランサータイプの飼料のみで、

ADG(1日あたりの体重増加量)は

0.8~1.0kg/日と安定して推移しています。

  

心地よい気候の中で、

夢中で青草を食べる当歳馬達を見ていると、

この離乳期の当歳にとって放牧地の青草が

何よりも重要であることを実感します。

  

1 

 「保母役」の牝馬と当歳たち

 

2

虹をバックに青草を食べる当歳たち

  

  

ローソニア感染症に注意!!

 

この時期の当歳馬にとって、注意しなくてはならない病気は

「ローソニア感染症」です。

  

ローソニア感染症は、

Lawsonia Intracellurarisという細菌による感染症で、

症状は、

・元気消失

・食欲不振

・体重減少・削痩

・発熱(39℃以上)

・毛艶悪化

・皮下浮腫

・下痢

・軽度の疝痛

など多岐にわたります。

 

3

ローソニア感染症の主な症状

  

  

ただし、注意が必要なのは、下痢や浮腫などの症状がなく、

食欲低下や体重減少のみが認められる感染馬もいるということです。

また、当歳馬だけではなく、1歳馬も発症することがあります。

  

血液検査をすると、

特徴的な「低タンパク血症」を確認することができますので、

上記の症状を認めた場合には、

早めに獣医師に検査してもらうことが重要です。

 

なぜなら、重篤化した場合、

抗生物質を長期間投与することに加え、

大幅な体重減少・削痩により市場価値が低下し、

場合によっては死亡例も認められるためです。

  

この病気は、離乳や寒冷によるストレスが

引き金になっていると言われていますが、

現在までのところ感染経路や発症要因などは十分わかっていません。

  

なお、ワクチン接種の予防効果がある程度認められています。

当歳馬に投与する場合には、

離乳ストレスによる発症を予防する目的で、

離乳前に接種するとよいでしょう。

  

いまだに感染経路や発症要因が

解明されていない本疾患に対しては、

「早期発見・早期治療」と「ワクチン接種」が

被害を最小限度に止めるための重要な措置と言えます。

 

4

ローソニアワクチンの接種

  

  

【ご意見・ご要望をお待ちしております】

JRA育成馬ブログをご愛読いただき誠にありがとうございます。

当ブログに対するご意見・ご要望は

下記メールあてにお寄せ下さい。

皆様からいただきましたご意見は、

JRA育成業務の貴重な資料として活用させていただきます。

アドレス jra-ikusei@jra.go.jp