育成馬ブログ 宮崎②

●雨天時の夜間放牧が馬体重に及ぼす影響(宮崎)

 

○育成馬の近況

 

2群に分けて騎乗馴致を進めている育成馬の近況をお伝えいたします。

9月上旬から騎乗馴致を開始している1群(牡馬10頭)は、

最初の3週間はドライビング中心に馴致メニューを組み、

現在は500m馬場において速歩および

ハッキング程度を行えるまでになっています。

11月からは1600m馬場でのキャンター調教を実施する予定です。

 

Photo

写真① 500m馬場で隊列を整えた速歩を実施する1群牡の育成馬

 

1群牡のドライビング動画

  

一方、10月上旬から騎乗馴致を開始している2群(牝馬12頭)は、

ドライビングを開始したところです。

11月からは角馬場において集団での速歩調教を開始する予定です。

 

○夜間放牧の1歳馬を襲った豪雨

 

馬を管理していると、雨や雪などの悪天候時に放牧すべきか

舎飼いにすべきか頭を悩ます時があります。

予報とは異なって、夜中に雨が屋根を襲う音で目覚め、

放牧している馬を集牧した経験をお持ちの方も

少なくないのではと思われます。

今回は天気予報と大幅に異なる豪雨に見舞われた際に、

夜間放牧を実施していた馬の体重の変化について触れてみたいと思います。

 

事の経緯は、日本列島に甚大な被害を及ぼした台風18号が

9月17日朝に宮崎に直撃するという予報、

および15日夕方から16日朝までの降雨量は

最大で10mm/h未満という予報を鑑みて、降雨量はいくらか多いが、

48時間の馬房内管理となることは回避すべきとの判断を下し、

15日夕方から夜間放牧を実施したことから始まりました。

 

しかし、上記の予報に反して、

台風18号が秋雨前線を刺激した影響を受け、

15日23時以降から降水量が10mm/hを超え、

16日6時には最大となる34mm/hの豪雨を認めました。

なお、16日0時からの1時間あたりの降水量は下図のとおりであり、

放牧中の総雨量は約250mmに達しました。

 

1_4

図① 9月16日未明から午前中の降水量

(日本気象協会 tenki.jp より)

 

6時の時点において、目視で全馬の異常を認めなかったこと、

また、激しい豪雨および放牧地から厩舎への馬道が冠水しており、

人馬の安全を考えた場合には集牧可能な状況でなかったこと、

さらに前日の13時に馬体重測定を実施していたことから、

豪雨時の放牧が馬体重に及ぼす影響を把握するため、

集牧を前日の馬体重測定時刻である13時に行い、

馬体重を測定することとしました。

 

Photo_2

写真② 豪雨による馬場および馬道の冠水

 

○豪雨により馬体重は減ったか?

 

放牧前後において馬体重の減少を認めたのは1頭のみ(-1kg)であり、

その他の21頭は増加を認め、

そのうち4頭(牡牝それぞれ2頭)は10kg以上増加していました。

平均増加量は6.6kg(牡:6.4kg、牝:6.8kg)でした。

なお、集牧直後の体温については39.5℃が最も高く、

5頭が39℃を超えており、これらは全て牝馬でした。

これらの馬は治療することなく、翌日には平熱に復しました。

 

体重増加の原因は不明ですが、集牧の1時間前には雨は止んでいたため、

測定時には馬体はほぼ乾いており、

汗コキを用いて水分を取り除くことは困難な状態であったことから、

体重増加が馬体に含まれた水分に起因することは否定されました。

GPSを装着していなかったために推測の域を出ませんが、

豪雨のために放牧地での運動量が大幅に減少したため、

エネルギー消費が減少したことが原因の一つとして挙げられます。

その他、体重測定の直前まで青草を摂取していたために

水分摂取量が増加したこと、また牡に関しては、

馴致を実施しなかったことも一因であるものと推測されます。

 

事前に総雨量が250mmにも達することが分かっていれば、

必ず舎飼いを行っている程、

また夜中も集牧すべきではないかと自問自答する程の豪雨であったため、

体力消耗に伴って体重が減少しているものと推測していましたが、

ほとんどの馬が増加する結果となりました。

馬は元来、草原で暮らす動物であるため、

夜間放牧の環境に慣れさえすれば、

降雨による影響は私たちが想像しているほどではないのかもしれません。

 

そういえば、アイルランドでの研修中に、

昼夜放牧を実施している馬の管理の秘訣は、

馬体の油を落とさないことであり、

そのためにシャンプーはもちろん真冬でも

お湯で馬体を洗浄することは避けなければならず、

馬の手入れの基本はブラッシングであるといわれたことを思い出しました。

私達が馬のために良かれと思って実施している

シャンプーやお湯での洗浄は、

実は馬の自然の抵抗力を減退させているのかもしれません。

セリで美しい馬体の馬ほど、購買後に夜間放牧を実施すると、

皮膚炎を発症しやすいということも関係があるのかもしれません。

 

Photo_3

写真③ 夜間放牧管理では馬体の油が不可欠なのかもしれません

(写真はアイルランドの夜間放牧の様子)

育成馬ブログ 生産編③(その2)

●繁殖牝馬の飼養管理

 

○分娩前の運動(GPSを用いた調査)

 

ケンタッキーでは分娩前に繁殖牝馬が放牧地内をどのくらい運動しているか、

GPS装置を使って調査してみました(図3)。

その結果、24時間放牧の群では、

移動距離が1日7.6km程度であったのに対し、

昼放牧群では2.4km程度まで移動距離が減少しました(中央値)。

 

参考までにJRA日高育成牧場では

昼放牧時の移動距離は2.5km程度とケンタッキーと同等ですが、

ウォーキングマシンを使用した運動でさらに2.5km程度常歩しているため、

合計では5.0km程度歩いているという計算になります。

 

次回詳しく述べますが、米国では分娩時に積極的に介助するため、

分娩前に運動を負荷して筋肉を維持しておくという考えには

至らないのかもしれません。

反対にJRA日高育成牧場では

分娩時になるべくヒトが介助しない“自然分娩”を推奨しているため、

運動を負荷して分娩時に必要な筋肉を維持しています。

 

1

図3 分娩前の運動(GPSを用いた調査)

 

○繁殖牝馬の飼葉

 

繁殖牝馬の飼葉は、

タンパク質が14%の大粒のペレットが使用されていました。

詳しい成分については図4に示したとおりです。

朝と夕方の1日2回4ポンド、約1.8kgこのペレットを与えるのが基本で、

繁殖牝馬のボディコンディションスコアに応じて量を増減させていました。

 

分娩後の3日間はふすま、スイートフィード、コーン油を混ぜて

お湯でふやかしたブランマッシュを与えていました。

 

1_2

図4 繁殖牝馬の飼葉

 

次回は分娩と交配(種付)について述べたいと思います。

育成馬ブログ 生産編③(その1)

●繁殖牝馬の飼養管理

 

前回から引き続き「ケンタッキーの馬産」について

紹介していきたいと思います。

今回は、繁殖牝馬の飼養管理についてお話します。

 

○繁殖牝馬の飼養管理の違い

 

日本(日高地方)と米国(ケンタッキー州)の

繁殖牝馬の飼養管理の違いについて図1にまとめました。

まず分娩前の管理についてですが、

日本では分娩前にウォーキングマシンもしくは

引き馬による運動を課す牧場が多いのに対し、

米国ではそのような特別な運動は課されていませんでした。

 

また、近年日本では分娩時に子馬を引っ張らない

“自然分娩”が普及しつつありますが、

米国では子馬を引っ張りかつ母馬に鎮痛剤を投与するなど、

積極的な分娩介助がなされていました。

ヒトの医療で出産する際に“無痛分娩”が普及していることが

背景にあるのではないかと考えられました。

 

種付の際には、日本では牧場のスタッフが

母子両方を馬運車に載せて種馬場まで連れて行くのが一般的ですが、

米国では牧場のスタッフは立ち会わず、

輸送業者が種馬場まで母馬を連れて行く、

その際子馬は馬房内に置いて行くというスタイルが普及していました。

 

そのほか、日本ではエコー検査で子宮内に空気が認められた場合など

必要な馬のみ陰部縫合いわゆるキャスリックが行われていますが、

米国では伝統的に牝馬全頭に対し陰部縫合が行われていました。

 

1

図1 繁殖牝馬の飼養管理の違い

 

○分娩前の繁殖牝馬の放牧

 

繁殖牝馬の管理について、個別に説明していきます。

まず分娩前の放牧については、

空胎馬は基本的に24時間放牧されていました(図2)。

感染症予防のため、空胎馬は妊娠馬から隔離され、

本場から離れた分場で管理されていました。

 

妊娠馬については、分娩予定日まで1ヶ月以上間隔がある馬については

空胎馬と同じく24時間放牧され、放牧地で飼付がなされていました。

分娩予定日の1ヶ月未満になると、分娩厩舎付近に集められ、

1日8時間程度の昼放牧に切り替えられていました。

放牧地で分娩してしまうこともあるため、30分毎にスタッフが見回り、

分娩監視をしていました。

 

放牧地の広さを決める際の目安に

“1 acre, 1 horse(ワンエーカー、ワンホース)”という言葉が

使われていました。

これは馬1頭当たり1エーカー(約0.4ヘクタール)以上の

広さが必要という意味です。

この基準より広い放牧地が用意できれば、

馬は栄養面でも運動面でも支障をきたすことなく

すこやかに成長することができると考えられていました。

 

また、温暖なケンタッキーと言えども12月から2月までは

寒さで放牧地の牧草が伸びなくなるため、

草架を使用し放牧地内に乾草が置かれていました。

中に入れる乾草はルーサン、もしくは

ルーサンとオーチャードのミックスが使われていました。

 

1_2

図2 分娩前の繁殖牝馬の放牧

 

(つづく)

育成馬ブログ 日高②

●跛行(支跛)診断のポイント

 

現在、日高育成牧場の育成厩舎には

セレクト・セレクション・サマーセールの各市場で購買した1歳馬52頭と

JRAホームブレッド3頭の計55頭が入厩しています。

 

牡馬27頭は9月初旬から馴致を順次進めていますが、

牝馬28頭は10月からの馴致開始に備え昼夜放牧を実施して

馬体づくりにつとめています。

 

Photo_2

2_2

左写真)ドライビング調教(コーラルチャイムズの16 父アルデバラン)

右写真)放牧中の1歳牝馬

(左エメラルドコーストの16 父ディープブリランテ、

右レディパッションの16 父ルーラーシップ)

 

さて、今回の当ブログでは育成馬を調教する際には

避けて通ることができない「跛行」について、

その基本的な診断法について簡単に説明したいと思います。

 

○馬の跛行診断

 

跛行とは、馬が歩様に異常をきたしている状態をいいます。

原因はさまざまです。

 

Photo_4

Photo_5

左図1:関節炎や骨折、右図2:局所感染

 

Photo_6

Photo_7

 

左図3:骨膜炎や打撲、右図4:筋肉痛や横紋筋融解症

 

跛行している馬が育成馬や競走馬であれば競走や調教に支障をきたしますし、

繁殖牝馬であればストレスや運動不足で妊娠へ悪影響がでるほか、

授乳馬の場合は一緒に行動する子馬の運動量も低下してします。

 

○跛行の分類

 

一言で跛行と言っても症状によって分類されています。

 

・肢に体重を乗せた際に痛む支柱肢跛行(支跛=シハ)

・肢を挙げるとか前に振り出すと痛む懸垂肢跛行(懸跛=ケンパ)

・上記の両方の症状を示している混合跛行(混跛=コンパ)

 

今回は、骨折や蹄病等の疾患の際に多く観察される支跛について解説します。

 

馬は一定のリズムを刻みながら歩行します。

跛行診断は、硬い平地で常歩と速歩を前後左右から見て、

このリズムの乱れを見極める必要があります。

 

○跛行している肢を簡単に発見するためのチェックポイント

 

・前肢の跛行(支跛) ⇒ 頭部の上下動に注目!

痛い方の肢に体重がかかると痛みが増すため

頭を上げてかばう動作を見せます。

 

5_2図5:前肢の跛行

 

動画1:前肢の跛行(繋靭帯炎)

 

・後肢の跛行(支跛) ⇒ 腰の上下動と球節の沈み込みに注目

痛い方の腰の上下動が大きくなり痛い方の肢で

負重している時間が短くなります。

また、正常な方に体重をかける時間が長くなるので、

そちらの球節が深く沈み込みます。

 

6図6:後肢の跛行


 動画2:後肢の跛行(挫跖)

 

今回は、跛行診断のほんの一部のみ紹介させていただきました。

早期に愛馬の跛行を発見し、

適切な治療につながる一助となることを願っています。

 

※動画を多用して跛行診断についてより細かく解説した番組が、

グリーンチャンネルの「馬学講座ホースアカデミー」のコーナーで

2018年1月に放送予定となっていますので、そちらもご覧ください。

活躍馬情報(事務局)

9月16日土曜日の中山5R(2歳新馬)で、

日高育成牧場で育成されたスピアーノ号が、

先手を奪ってそのまま押し切り、初戦でうれしい初勝利となりました。

 

201709165r__g

9月16日 4回中山競馬3日目 第5R  2歳新馬 芝 1,800m

スピアーノ号(マイネレーヌの15) 牝

【 厩舎:池上 昌和 厩舎(美浦) 父:ヴィクトワールピサ 】

 

今後の活躍を期待しております。

活躍馬情報(事務局)

9月10日日曜日の中山2R(2歳未勝利)で、

宮崎育成牧場で育成されたランリーナ号が、

後方から鋭い末脚で差し切り、見事に優勝しました。

本世代の宮崎育成牧場出身の育成馬の初勝利となります。

 

_201709102r_g

9月10日 4回中山競馬2日目 第2R  2歳未勝利 芝 2,000m

ランリーナ号(アップルティーの15) 牝

【 厩舎:竹内 正洋 厩舎(美浦) 父:エイシンフラッシュ 】

 

今後の活躍を期待しております。

育成馬ブログ 生産編②(その2)

●ケンタッキーの馬産

 

○馬産全体の違い

 

馬産全体の違いについて説明します(図3)。

日本の生産牧場では牧場が繁殖牝馬を所有する

自己所有馬の割合が多いのに対し、

米国では馬主が生産牧場に預託料を支払って繁殖牝馬を預ける

預託馬の割合が多いです。

私が研修したダービーダンファームでは、約8割の馬が預託馬で、

自己所有馬は2割しかいませんでした。

 

また、日本の生産牧場には採草地を有し、

そこで作った自家製の乾草を馬の食用に使用していますが、

米国では採草地がなく牧場の土地を目一杯使って広い放牧地として利用し、

そこで作られた乾草は食用としては使用せず敷料として使用し、

麦稈代を節約していました。

 

さらに、日本では種牡馬はスタリオンステーションとして独立した

種馬場で繋養されているのに対し、

米国では大手の生産牧場の中に種牡馬厩舎および種付場が作られており、

種牡馬はそこで繋養されていました。

 

また、日本の牧場の従業員はほとんどが日本人ですが、

米国ではヒスパニックと呼ばれる中南米からの移民がほとんどでした。

そのため、ほとんどのマネージャーが英語だけでなく

スペイン語を話せる必要がありました。

 

Photo

図3 馬産全体の違い

 

 

○放牧地内で乾草を作り、敷料として使う

 

米国の牧場には採草地がなく、

牧場の土地を目一杯使って広い放牧地として利用していました。

自家製の一番乾草を採った後、馬を放牧し、

その後は掃除刈りで維持するという草地管理を行っていました。

放牧地内で作製された乾草は、

食用にするのではなく敷料とすることで購入する麦稈の量を減らし、

節約していました。

なお、放牧地にはペレニアルライグラス、ケンタッキーブルーグラス、

オーチャードグラスがミックスされた種を

春と秋の2回播いていました(図4)。

 

Photo_3

図4 放牧地内で乾草を作り、敷料として使う

 

次回は繁殖牝馬の飼養管理について述べたいと思います。

育成馬ブログ 生産編②(その1)

●ケンタッキーの馬産

 

今回から「ケンタッキーの馬産」について紹介していきたいと思います。

まず今回は、広い米国の中でもなぜケンタッキーが生産の中心なのか、

また馬産全体の日本との違いについてお話します。

 

○米国のサラブレッドが生まれてから出走するまで

 

米国のサラブレッドが生まれてから出走するまでの流れですが、

生産牧場で1歳の夏まで過ごし、

ブレーキングが行われる1歳の秋から育成牧場に移って調教される点は

日本と同じです(図1)。

異なるのは、競走馬としてデビューした後、

JRAでは美浦もしくは栗東トレーニング・センターで調教され、

レースのある週末のみ競馬場に行くのに対し、

米国ではレースが開催される競馬場で調教が行われている点です。

JRAの函館や札幌競馬場開催時の滞在競馬、

もしくは地方競馬と同じ状況だと言えばイメージし易いかと思います。

 

Photo

図1 サラブレッドが生まれてから出走するまで

 

○なぜケンタッキー州が最大の馬産地なのか?

 

米国では毎年約2万頭のサラブレッドが生産されていますが、

中でもケンタッキー州は最大の馬産地であり、

約12,000頭が生産されています(図2)。

これは日本全体の生産頭数の約2倍にもなります。

では、広い米国の中でもなぜケンタッキー州が馬産に適しているとされ、

サラブレッドの生産が盛んに行われているのでしょうか?

 

まず1つ目として、この地には「ライムストーン」

と呼ばれる石灰岩の地層が存在し、土壌中にカルシウム分が供給され、

牧草中のミネラル分が豊富になり、馬の骨が丈夫になることが挙げられます

また2つ目として、ケンタッキーブルーグラスという

馬の放牧地に適した牧草が自生していたことも挙げられます。

さらに3つ目として、夏は暑くなり過ぎず、

冬は寒くなり過ぎない、馬に適した気候が挙げられます。

ケンタッキー州の牧場地帯の中心であるレキシントンは、

日本でいうと新潟市と同じ緯度にあります。

最後に4つ目として、東海岸に位置していることが挙げられます。

米国東海岸にはニューヨークなどの大都市があり、

経済の中心となっていることから馬主が集まりやすいという利点があります。

 

1

図2 広い米国の中でもケンタッキー州が最大の馬産地

 

(つづく)

活躍馬情報(事務局)

8月20日日曜日の小倉1R(2歳未勝利)で、

日高育成牧場で育成されたタイセイソニック号が、

後方から鋭い末脚で差し切り、見事に優勝しました。

 

201708201r2__g

8月20日 2回小倉競馬8日目 第1R  2歳未勝利 芝 1,200m

タイセイソニック号(ヴィエナトウショウの15) 牡

【 厩舎:西村 真幸 厩舎(栗東) 父:ディープブリランテ 】

 

今後の活躍を期待しております。

活躍馬情報(事務局)

8月12日土曜日の小倉5R(2歳新馬)で、

日高育成牧場で育成されたヒロシゲゴールド号が、

ゴール寸前で差し切り、優勝しました。

 

201708125r__g

8月12日 2回小倉競馬5日目 第5R  2歳新馬 ダ 1,000m

ヒロシゲゴールド号(エフテーストライクの15) 牡

【 厩舎:北出 成人 厩舎(栗東) 父:サウスヴィグラス 】

 

今後の活躍を期待しております。