育成馬ブログ(日高①)

○第46回 生産地における軽種馬の疾病に関するシンポジウム

 

 7月19日、本年のセレクトセール・セレクションセールで購買した1歳馬

たちが日高育成牧場に入厩しました。これから来年4月のブリーズアップセール

に向けた長い道のりが始まるわけですが、まずは無事に入厩できたことに

ほっとしております。

 

Photo

左「グレイスフルアートの17」(牡 父:エピファネイア)

右「ラフォルトゥナの17」(牡 父:エスケンデレヤ) 

 

 さて、今回の育成馬ブログでは、7月12日に新ひだか町内の静内エクリプス

ホテルで行われた「第46回生産地における軽種馬の疾病に関するシンポジウム」

についてお伝えします。これは、生産地で見られるさまざまな疾病や感染症など、

軽種馬の保健衛生に関する問題とその対応策の検討を目的としており、

生産地の獣医師、生産育成関係者、外部学識経験者および本会職員による

講演が行われるものです。

 

Photo_2

会場は満席の大盛況

 

 本年度は、【スポーツ科学の実践への応用―ラボから現場へー】という

テーマで、調教師、育成牧場の獣医師、そして馬の運動セイリ学者がそれぞれの

視点から競走・育成調教の現場に対するスポーツ科学の応用に関する

演題5題を発表しました。

 参加者は204人と例年を上回り、スポーツ科学に対する育成現場の関心の

高さを伺わせました。

  

Photo_3

瀬瀬獣医師(エクワインレーシング)

 

 むかわ町にある育成牧場エクワインレーシングの瀬瀬獣医師は、調教中の

心拍数や乳酸値を測定することで、調教が心肺機能や筋力強化にどのような

効果があるか検証されており、それらの数値をもとに調教メニューを組み立て

ているとのことでした。また、当場の胡田獣医師は、過去10年分のV200の

データ(詳細はこちら)を比較することで、坂路馬場の管理方法の変化が調教

負荷に及ぼす影響や、坂路調教の有用性について検討した内容を発表しました。

 本シンポジウムを通して、世界で戦うことができる強い馬を作るためには、

これまでの経験や勘に加えて、人のアスリート同様にスポーツ科学を日々の

調教に導入することが常識的になりつつあることを感じました。

 この分野の研究がさらに発展し、その成果が広く現場にフィードバック

されるとよいですね。

 

※講演の抄録はこちら

活躍馬情報(事務局)

8月5日 日曜日の札幌5R(2歳新馬)で、

宮崎育成牧場で育成されたモンテアーサー号が、最後の直線で鋭い伸びを見せ

うれしい初勝利を挙げました。本年売却した育成馬で2勝目になります。

 

_201808055r_g

8月5日 1回札幌競馬4日目 第5R  2歳新馬 芝 1,800m

モンテアーサー号(ラストワルツの16) 牡

【 厩舎:松田 国英 厩舎(栗東) 父:シンボリクリスエス 】

 

今後のさらなる活躍を期待しております。

育成馬ブログ(生産編①) その2

前回(その1)に引き続き

○クラブフットの対処法(生産①) その2

 

・装蹄療法①:ヒールアップ法

 まず、最初に行ったのは、蹄踵部を上げることで深屈腱を弛緩させること

を目的とした「ヒールアップ法」でした。エクイロックスという充填剤を

蹄踵部に接着するもので、1週間ほど(5月22日~5月29日)継続しましたが、

良化しなかったため次の療法に切り替えました。もちろん「ヒールアップ法」

で良化する症例も多く認められますが、本例に対しては効果がなかったようです。

 

Photo_2

図3 ヒールアップ法(蹄踵部を上げることで深屈腱を弛緩させる)

 

・装蹄療法②:エクステンション法(ヒールダウン)

 次に行ったのは「エクステンション法」でした。ヒールアップとは正反対な

考え方になりますが、蹄尖部に充填剤を接着し、ロングトゥの状態にすること

で深屈腱を伸ばし、クラブフットを治療する方法です。深屈腱を無理矢理伸ばす

ような形になるため、同時に腱を伸ばす効果のあるオキシテトラサイクリンを

2日に1回、計3回投与しました。また、蹄尖部を引き摺って充填剤が摩滅し

効果がなくなってしまうのを防ぐため、特殊蹄鉄を作成し(図4)、それを

蹄尖部にエクイロックスで接着しました(図5)。

 

Photo_3

図4 特殊蹄鉄(蹄尖部の摩滅を防ぐ)

 

Photo_4

図5 エクステンション法(ヒールダウン)

 

●昼夜放牧を再開したタイミング

 エクステンション法(ヒールダウン)を5月30日に行った後は良化し、

6月14日にはクラブフットが治癒したため装蹄療法を終了できました

(図6)。クラブフット発症の原因となった昼夜放牧への切り替えまでには

もう1週間ほど時間をおき、6月23日から昼夜放牧を再開しました。

その後は良好に経過し、クラブフットの再発は認められませんでした。

今回の症例から学んだのは、昼夜放牧を開始した直後はクラブフットの兆候が

ないか子馬を良く観察することが大切であるということです。

また、対処法の選択肢をあらかじめ複数用意しておき、症例の状況に応じて

臨機応変に対応することが重要だと思われました。

 

Photo_5

図6 治癒後の蹄

 

今回の記事が子馬のクラブフットの管理に少しでもお役に立てば幸いです。

育成馬ブログ(生産編①) その1

○クラブフットの対処法(生産①) その1

 

 クラブフットは生後3~6ヶ月の間に多く発生すると言われているため、

これからの時期に注意が必要な病気です。今回は、昨年JRA日高育成牧場で

発生した症例についてご紹介します。

 

●クラブフットとは

 クラブフットとは球節以下の外貌がゴルフクラブのように見える蹄病です。

原因は、深屈腱の拘縮や腱と骨の成長速度のアンバランスと言われています

が、いまだ発症機序は明らかにされておらず、予防法も確立していません。

発症時期は生後3~6ヶ月の間が最も多く、その進行は極めて速いことで

知られています。早期発見・早期処置によりある程度の進行は抑制できます

が、当歳時に形成された蹄形の完全治癒は望めません。

以下にクラブフットの指標となるグレード(Dr. Reddenによる分類)

を示します(図1)。

 

・グレード1

  正常な対側蹄に比較して蹄角度は3~5度高く、軽度な肢軸の前方破折に

 より、蹄冠部の軽い肥厚が認められます。

・グレード2

  正常な対側蹄に比較して蹄角度は5~8度高く、肢軸の前方破折のため

 蹄冠部は肥厚し、蹄輪間隔は蹄踵側で広くなります。

・グレード3

  蹄尖部は凹湾し、蹄踵部の蹄輪幅は蹄尖部の2倍になります。蹄叉尖の

 前方の蹄底には、蹄骨による圧迫痕が認められ、蹄冠部は著しく肥厚

 します。X線所見では蹄骨のローテーション、先端部の脱灰とリッピングが

 認められます。

・グレード4

  蹄角度は80度以上、蹄尖壁は顕著な凹湾となります。蹄踵部の蹄輪幅は

 蹄尖部の2倍以上となり、蹄踵壁の高さは蹄尖部と同等か、高くなります。

 X線所見では蹄骨の著しいローテーション、先端部の明瞭な脱灰と丸い

 リッピングが認められます。

 

Photo

図1 クラブフットのグレード(Dr. Reddenの分類から)

 

●JRA日高育成牧場で発生した症例

 昨年、JRA日高育成牧場の当歳馬で発生した症例について紹介します。

3月20日に生まれた牝馬で、5月17日に昼夜放牧(13時放牧、8時集牧の

19時間放牧)を開始しました。すると、5月18日の朝には歩様の硬さが

認められ、5月19日の朝にはクラブフットが確認されました(図2)。

進行が極めて速いと言われているとおりに、発見された時にはすでに

グレード2の状態になっていました。同馬の場合、昼夜放牧を開始した時期と

クラブフットが発生した時期が一致していたため、放牧を昼放牧

(8時放牧、15時30分集牧の7.5時間放牧)に切り替え、装蹄療法を行いました。

Photo_7

図2 JRA日高育成牧場の当歳馬に認められたクラブフット(グレード2)

(つづく)

活躍馬情報(事務局)

7月15日 日曜日の福島8R(3歳500万下牝)で、

宮崎育成牧場で育成されたモルフェオルフェ号が、スタートから先頭を奪い

そのまま逃げ切り2勝目を挙げました。

 

 

_201807158r500_g

7月15日 2回福島競馬6日目 第8R  3歳500万下牝 芝 1,200m

モルフェオルフェ号(スマッシュの15) 牝

【 厩舎:大江原 哲 厩舎(美浦) 父:オルフェーヴル 】

 

また、同日の函館9R(下北半島特別)では、

日高育成牧場で育成されたタイセイソニック号が、

最後方大外から末脚を爆発させ、2勝目を挙げました。

 

 

_20180715_g

7月15日 2回函館競馬4日目 第9R  下北半島特別 芝 1,200m

タイセイソニック号(ヴィエナトウショウの15) 牡

【 厩舎:西村 真幸 厩舎(栗東) 父:ディープブリランテ 】

今後のさらなる活躍を期待しております。

活躍馬情報(事務局)

7月7日 土曜日の福島5R(2歳新馬)で、

日高育成牧場で育成されたイチゴミイルフィーユ号が、

最後の直線で末脚を爆発させ、うれしい初勝利を挙げました。

本年度売却したJRA育成馬の中でも初勝利です。

 

_201807075r_g

7月7日 2回福島競馬3日目 第5R  2歳新馬 芝 1,200m

イチゴミルフィーユ号(ホシノメガミの16) 牝

【 厩舎:林 徹 厩舎(美浦) 父:ヨハネスブルグ 】

 

また、7月8日 日曜日の函館10R(立待岬特別)では、

日高育成牧場で育成されたプレトリア号が、大外から鋭い伸びを見せ、

2勝目を挙げました。

 

_20180708_g

7月8日 2回函館競馬2日目 第10R  立待岬特別 芝 1,200m

プレトリア号(ダイワエタニティーの15) セン

【 厩舎:中川 公成 厩舎(美浦) 父:ヨハネスブルグ 】

今後のさらなる活躍を期待しております。

活躍馬情報(事務局)

6月30日 土曜日の福島11R(テレビユー福島賞)で、

日高育成牧場で育成されたレジーナフォルテ号が、

最後の直線で粘りの末脚を見せ、5勝目を挙げました。

 

_20180630_g

6月30日 2回福島競馬1日目 第11R  テレビユー福島賞 芝 1,200m

レジーナフォルテ号(ナイキトライアンフの14) 牡

【 厩舎:佐藤 吉勝 厩舎(美浦) 父:アルデバラン 】

 

また、7月1日 日曜日の函館1R(3歳未勝利)で、

宮崎育成牧場で育成されたリリープリンセス号は、

3コーナーで先頭を奪った後はそのまま逃げ切り、うれしい初勝利を挙げました。

 

_201807011r_g

7月1日 1回函館競馬6日目 第1R  3歳未勝利 ダート 1,000m

リリープリンセス号(プリンセスイブの15) 牝

【 厩舎:安田 隆行 厩舎(栗東) 父:バゴ 】

 

 今後のさらなる活躍を期待しております。

活躍馬情報(事務局)

6月24日 日曜日の東京4R(3歳未勝利)で、

宮崎育成牧場で育成されたトーセンクロノス号が、

最後の直線で鋭い差し脚と粘りの走りを見せ、

アタマ差の勝負を制し、うれしい初勝利を挙げました。

 

_201806244r_g

6月24日 3回東京競馬8日目 第4R  3歳未勝利 芝 1,600m

トーセンクロノス号(ジーントウショウの15) 牡

【 厩舎:小笠 倫弘 厩舎(美浦) 父:ヨハネスブルグ 】

 

 

 また、6月24日 日曜日の阪神11R 宝塚記念(GⅠ)において、

ノーブルマーズ号(育成馬名:アイアンドユーの13)が、見事3着に

入りました! デビュー以来、重賞勝ちはなかったですが、今回の結果で

さらなる活躍が期待できます。

 

ぜひ本馬を含め、今後もJRA育成馬の活躍にご注目ください!

 

 

 

活躍馬情報(事務局)

6月3日 日曜日の東京1R(3歳未勝利)で、

日高育成牧場で育成されたメタルカラー号が、

最後の直線で鋭い伸びを見せ、うれしい初勝利を挙げました。

 

_201806031r_g

6月3日 3回東京競馬2日目 第1R  3歳未勝利牝 ダート 1,400m

メタルカラー号(カツナデシコの15) 牝

【 厩舎:新開 幸一 厩舎(美浦) 父:ケイムホーム 】

 

また、6月3日 日曜日の東京7R(3歳上500万下牝)では、

日高育成牧場で育成されたミスパイロ号が、大外から驚異の追い込みを見せ、

3勝目を挙げました。

 

_201806037r500_g

6月3日 3回東京競馬2日目 第7R  3歳上500万下牝 ダート 1,400m

ミスパイロ号(ブイアスカの14) 牝

【 厩舎:小野 次郎 厩舎(美浦) 父:パイロ 】

今後のさらなる活躍を期待しております。

 

 

 

育成馬ブログ 生産編⑪ その2

前回(その1)に引き続き、

○ロドコッカス感染症への対策 その2

 

●肺のエコー検査

 米国では子馬が発熱した場合には必ず獣医師によるエコー検査が実施され、

肺に膿瘍ができていないか確認されていました(図3)。

また、発熱の有無にかかわらず、生後6週齢で全頭エコーによる

肺のスクリーニング検査を行っている牧場も多くありました。

膿瘍が発見された際にはロドコッカス感染症による肺炎と診断されます。

エコー検査では、下記のように膿瘍の大きさによりロドコッカス肺炎の程度が

評価されます(出典「Color Atlas of Diseases and Disorders of the

Foal」)。

グレード0:膿瘍が認められない
グレード1:膿瘍が1cm未満
グレード2:膿瘍が1~2cm
グレード3:膿瘍が2~3cm
グレード4:膿瘍が3~4cm
グレード5:膿瘍が4~5cm
グレード6:膿瘍が5~6cm
グレード7:膿瘍が6~7cm
グレード8:膿瘍が7~9cm
グレード9:膿瘍が9~11cm
グレード10:肺全体が侵されている

Photo図3 ロドコッカス肺炎が疑われる子馬には肺のエコー検査を行う

 

●治療に用いられる抗菌薬

 米国では、リファンピシンとクラリスロマイシンという抗菌薬の経口投与に

よる治療が一般的でした。クラリスロマイシンは我が国でも過去に使用されて

いましたが、日本の馬に投与すると重度な下痢を発症しやすいため、

現在は同系統(マクロライド系)のアジスロマイシンという抗菌薬が

使用されています。エコー検査で肺の膿瘍が縮小および消失が確認される

まで、1日2回経口投与します。

 

●スクリーニング検査で膿瘍が見つかったら治療する方法

 2011年の社台ホースクリニック・カンファレンスでノーザンファームの

長嶺夏子先生がロドコッカス感染症に対するスクリーニング検査に関する

調査を発表しています(タイトルは「R. equi.常在牧場における当歳馬の定期

肺エコー検査によるモニタリングとその効果」)。

それによると、生後4週齢で全頭に対し肺のエコー検査を実施し、

グレード3以上(膿瘍の大きさが2cm以上)だった子馬に

リファンピシンとアジスロマイシンによる治療をグレード1以下(

膿瘍が1cm未満)になるまで行うという方法で管理したところ、

早期発見・早期治療により抗菌薬の使用量が減少し、全体の治療費を

削減できたという結果でした。毎年ロドコッカス感染症の子馬が多く見られる

牧場ではこのような方法も有効かもしれません。

 

●ロドコッカス感染症対策のポイント

 以上より、ロドコッカス感染症対策のポイントをまとめます。日本では

血漿製剤が手に入らないため、それ以外でできる対策について記載します。

まず、生後3~12週齢(1~3ヶ月齢)の子馬は細菌感染に弱い状態である

ことを認識し、この時期は毎日検温するなど注意深く観察することが

重要です。また、子馬が発熱した場合にはロドコッカス感染症(肺炎)である

可能性を考慮し、獣医師に肺のエコー検査を依頼しましょう。

さらに、毎年ロドコッカス感染症の子馬が多く見られる牧場では、

生後4~6週齢(1~1.5ヶ月齢)で全頭にエコーによる肺のスクリーニング検査

を行うことで早期発見・早期治療に繋がり、結果的に治療費を削減できる

可能性があります。

 

今回の記事が子馬の健康管理に少しでもお役に立てば幸いです。

 

Photo_3