育成馬ブログ(生産④)

今シーズンの新たな試み

 

 新年あけましておめでとうございます。本年も当ブログをよろしくお願いいたします。

 JRA日高育成牧場では今年も生産現場に役立つ実践的な調査・研究をしてまいりたいと思います。今回は、今シーズンから導入した飼養管理上の新たな試みについて紹介します。

 

○ブルーライトマスクによるライトコントロール

 繁殖牝馬へのライトコントロールの効果について、今まで当ブログでも紹介してきましたが(http://blog.jra.jp/ikusei/2014/01/post-5575.html)、今シーズンは一部の牝馬にブルーライトマスク(EquilumeTM Light Mask)を装着し、効果を検証しています(写真1)。このマスクは単眼ブリンカーの内側に組み込まれた青色発光ダイオードがタイマーによって16時から23時まで点灯するように設定されているため、繁殖牝馬に装着することにより夜間に馬房に集牧しなくてもライトコントロールの効果が得られるとされています。当場では今シーズン空胎馬を従来の馬房でライトコントロールを行う群とこのマスクを装着し24時間放牧を継続した群に分け、シーズン初回排卵の時期などについて検証を行っています。

Photo

写真1 今シーズンは一部の牝馬にブルーライトマスクを装着しています

 

○厳冬期昼夜放牧用のシェルターおよび水桶の導入

 北海道では当歳から1歳にかけての厳冬期の放牧管理も大きな課題の一つです。当場では以前、昼夜放牧を秋から継続して続ける群と昼放牧に切り替えウォーキングマシンによる運動を負荷する群に分けて比較するなど、様々な調査を行ってきました。

厳冬期の管理①(http://blog.jra.jp/ikusei/2012/12/post-2f5a.html

厳冬期の管理②(http://blog.jra.jp/ikusei/2013/01/post-8d83.html

厳冬期の管理③(http://blog.jra.jp/ikusei/2013/02/post-ae64.html

厳冬期の管理④(http://blog.jra.jp/ikusei/2013/03/post-2d55.html

 調査を始めた2010年当時から昨シーズンまで、当場では屋根のない風除けを冬期のみ一時的に設置し暴風雨を防いでいましたが、今シーズンからは屋根付きのシェルターを放牧地内に建設し使用を開始しました(写真2)。GPSを用いた過去の調査では毎日夜中の一定時間風除け付近で横臥して休息していることがわかっており、屋根が付いてさらに快適になった環境下で馬たちの行動がどのように変化するのか、観察を続けていきます。

Photo_2

写真2 今シーズンから屋根付きのシェルターを使用しています

  

 また、同じく昨シーズンまで当場では概ねマイナス10℃を下回ると放牧地内の水桶が凍ってしまっていたのですが、今シーズンは電気を利用した凍結防止機能付きの水桶を導入しました(写真3)。過去の調査において、厳冬期には血清中のBUNが上昇することがわかっており、これは脱水時など腎臓の血流量が低下していることを示しており、馬の健康管理上好ましい状況ではありませんでした。この新しい水桶の導入後、馬の血液検査の数値にどのような変化が現れるのか、あわせて比較してみたいと思います。

Photo_3

写真3 今シーズンから水桶に凍結防止機能が付きました

 

 以上のように、今シーズンも新たなチャレンジを続け、今後も現場に役立つ情報をたくさん発信できるようにがんばりたいと思いますので、当場の活動にご注目いただけましたら幸いです。

活躍馬情報(事務局)

1月13日(月)京都10R寿ステークスでは、宮崎育成牧場で育成されたウインクルサルーテ号が内から勢いよく差し切り、5勝目を挙げました!

_2020011310rs_at5i2428

1月13日(月)1回京都5日目10R 寿ステークス(4歳以上3勝クラス) 芝 2,000m

ウインクルサルーテ号(パッショナルダンスの13) 牝

〔厩舎:高橋亮(栗東) 父:ハービンジゃー〕

 

今後のさらなる活躍を期待しております。

活躍馬情報(事務局)

1月5日(日)中山12R 4歳以上2勝クラスでは、日高育成牧場で育成されたタイセイソニック号が3勝目を挙げました!

_2020010512r2__12_a1434

1月5日(日)1回中山1日目12R 4歳以上2勝クラス 芝 1,200m

タイセイソニック号(ヴィエナトウショウの15) 牡

〔厩舎:西村真幸(栗東) 父:ディープブリランテ〕

 

さらに1月6日(月)中山7R 4歳以上1勝クラスでは、日高育成牧場で育成されたアルデエンブレム号が2勝目を挙げました! 

_202001067r1_g_07_b0987

1月6日(月)1回中山2日目7R 4歳以上1勝クラス ダート 2,400m

アルデエンブレム号(コーラルチャイムズの16) 牡

〔厩舎:清水久詞(栗東) 父:アルデバランⅡ〕

 

今後のさらなる活躍を期待しております。

活躍馬情報(事務局)

12月28日(土)中山10R 立志ステークス(3歳以上3勝クラス)では、宮崎育成牧場で育成されたモルフェオルフェ号が、最後の直線抜け出しそのまま粘り勝ち。4勝目を挙げました!

_2019122810rs_g_10_c0847

12月28日(土)5回中山9日目10R 立志ステークス 芝 1,600m

モルフェオルフェ号(スマッシュの15) 牡

〔厩舎:大江原哲(美浦) 父:オルフェーヴル〕

 

さらに12月28日(土)阪神12R 2019ファイナルステークス(3歳以上3勝クラス)では、日高育成牧場で育成されたエイティーンガール号が4勝目を挙げ、2019年の中央競馬最終レースを締めくくりました!

 

_20191228s_g_ae8i6988

12月28日(土)5回阪神9日目12R 2019ファイナルステークス 芝 1,200m

エイティーンガール号(センターグランタスの16) 牝

〔厩舎:飯田祐史(栗東) 父:ヨハネスブルグ〕

 

今後のさらなる活躍を期待しております。

育成馬ブログ(日高④)

強い馬づくりのための生産育成技術講座2019

~進化するサラブレッド育成馬の調教~

 

 12月に入り、日高育成牧場では雪がちらつく日も多くなってきました。現在、育成馬たちは屋内800m周回コースおよび屋内坂路馬場での調教に加えて、週に1回、トレッドミルを用いた強調教を実施しています。また当場ではトレッドミルでの強調教後にルーチンで血液を採取し、乳酸値を測定しています。

 近年、競走馬の世界では人間のアスリートと同様に乳酸値をトレーニング負荷の指標として活用する方法が広がりつつあり、当ブログでもたびたび当場における乳酸値の活用方法を紹介しています。

http://blog.jra.jp/ikusei/2019/01/post-7abd.html
  

Photo

(トレッドミル調教後の採血)

 

 さて今回は、11月18日と19日に浦河と門別で「強い馬づくりのための生産育成技術講座2019~進化するサラブレッド育成馬の調教~」が開催されましたので、その概要についてお伝えします。

 この講座は生産育成にたずさわる関係者への情報提供・技術普及を目的としており、今回は育成牧場関係者や馬獣医師など、浦河では約110名、門別では約170名が参加しました。

 本年度のテーマは冒頭にも紹介しました「乳酸」。特別講演として、乳酸を活かしたスポーツトレーニング・運動と疲労との関係など運動生理学の分野で第一人者である東京大学の八田秀雄教授から「乳酸をどう考え利用したらよいのか?」というテーマのお話をしていただきました。http://jp.youtube.com/watch?v=DmQUIo_A9uE
  

Jpg

(壇上で特別講演をされる八田教授)

 

 八田教授の講演では、これまで「疲労物質」というような見方をされてきた乳酸が、実はエネルギー源となる物質であること、その乳酸を利用する能力のある細胞内のミトコンドリアを高強度トレーニングで増加させることが重要であることが示されました。八田教授はこれまでJRA競走馬総合研究所と長きに亘り共同研究をされてきていることから、サラブレッドのトレーニングについても精通されており、競走馬においても人間のアスリートと同様に高強度トレーニングによってミトコンドリアを増加させることで強い馬を作り出せるのではないかという考えを示されました。

 また当場業務課長の冨成から「日高育成牧場における乳酸を指標とした育成調教」http://jp.youtube.com/watch?v=u1XQ5jRX9wk むかわ町にある育成牧場エクワインレーシングの瀬瀬代表から「科学的トレーニングへの可能性~エクワインレーシングの取り組み~」http://jp.youtube.com/watch?v=uJhcz6Fo1cY というタイトルで話題提供が行われました。どちらの牧場においても調教後乳酸値は運動負荷の指標として非常に有用であると報告され、その具体的な活用方法についても紹介されました。

 最後の総合討論では、調教後乳酸値の目標値の設定など、競走馬における乳酸値の利用に関して検討課題が多くあることなど有意義な意見交換が行われました。http://jp.youtube.com/watch?v=WIcp3BAof9c

 今回の講座を受けて、これまで乳酸値を測定していなかった育成牧場が導入したり、すでに活用していた育成牧場でも今回の発表をふまえ、さらなる活用が行われるかもしれません。当場でも引き続きデータを蓄積し、多くの育成牧場の皆様のお役に立つような研究を積み重ねて参りたいと考えています。

活躍馬情報(事務局)

12月8日(日)中京11R 飛騨ステークス(3歳以上3勝クラス)では、宮崎育成牧場で育成されたワンアフター号が、大外から一気の末脚を見せ4勝目を挙げました!

_20191208s_g_amx_4578

12月8日(日)4回中京4日目11R 飛騨ステークス(3歳以上3勝クラス) 芝 1,400m

ワンアフター号(エキゾチックエレガンスの13) 牡

〔厩舎:西村真幸(栗東) 父:アドマイヤムーン〕

 

今後のさらなる活躍を期待しております。

2020 JRAブリーズアップセール 開催のお知らせ(事務局)

2020 JRAブリーズアップセールを来年4月28日に開催いたします。

概要については以下の通りです。

 

 開催日時    2020年4月28日(火)

         4月27日(月)は前日展示会を実施

 会場      中山競馬場

 主催      日本中央競馬会

 上場候補馬   80頭程度

 売却方式    セリ方式(事前に騎乗供覧および実馬展示を実施)

 申込資格    JRAの馬主の方で購買登録を済ませた方

         (一般の方の来場はお断りいたします)

 

 上場候補馬についての情報は以下のPDFファイルをご覧ください。

  ○上場候補馬一覧【PDF】  (0.2MB)

  ○上場候補馬血統表【PDF】   (7.1MB)

  ○上場候補馬血統表(英字版)【PDF】   (1.6MB)

  ○上場候補馬写真【PDF】   (7.5MB)

  ○種牡馬解説【PDF】   (0.2MB)

  ○種牡馬解説(英字版)【PDF】   (0.1MB)

※2019年11月17日現在の情報です。

  

また、以下JRAホームページにも同様のお知らせを掲載しております。

  ホームページ:http://jra.jp/facilities/farm/training/bus/

育成馬ブログ(生産③)

“第二の離乳”~コンパニオンホースと引き離す際の影響~

 

 前回、当ブログでは離乳時にコンパニオンホースを導入すると当歳馬の体重減少が小さくなることを報告しました。

http://blog.jra.jp/ikusei/2019/10/post-76f0.html

 その過程で海外の文献を調べていくうちに、興味深い記載を発見しました。「コンパニオンホースと当歳馬を引き離す際に、離乳時と同等のストレスがかかる。」とのことです。

https://ker.com/equinews/common-methods-weaning-horses/

 そこで、今回は“第二の離乳”とでも呼ぶべき当歳馬からコンパニオンホースを引き離す際の影響について、前回と同じく体重減少を比較することで考察していきたいと思います。

 

○コンパニオンホースと引き離す際の当歳馬の体重減少

 JRA日高日高育成牧場では2013年から離乳時のコンパニオンホースの導入を始めました。そこで2013年以降に当場で生まれた当歳馬のうち、データが残っていた31頭のコンパニオンホースを引き離す前の体重と引き離した後の体重を比較しました。その結果、平均して体重は0.35kg増加していました。前回お示ししたとおり、離乳時は体重が減少するものであり、その平均値はコンパニオンホース導入前は4.54kg、導入後は2.72kgでした。統計学的に解析しても、減少幅は有意に少ないことがわかりました。

Photo

図1 当歳馬の体重減少の比較

 

○“第二の離乳”で体重が減少した当歳馬もいる

 平均するとプラスでしたが、中には体重が減少した当歳馬もいました。図2にその内訳を示しますが、最大で4kgも体重減少した当歳馬もいました。

Photo_2

図2 “第二の離乳”での当歳馬の体重減少の内訳

 以上のことから、当歳馬からコンパニオンホースを引き離す“第二の離乳”について、多くの場合は問題ないが中には注意しなくてはならない当歳馬もいる、というのが結論になりそうです。結局のところ、当歳馬を日頃からよく観察し、離乳時には個別にケアしてあげることが大切だと考えます。

活躍馬情報(事務局)

11月16日(土)福島1R(2歳未勝利)では、日高育成牧場で育成されたプレジールドビブル号が、最後の直線で豪快な末脚を見せ、うれしい初勝利を挙げました!

_201911161r_g_01_x0039

11月16日(土)3回福島5日目4R 2歳未勝利 ダート 1,150m

プレジールドビブル号(カワイコチャンの17) 牡

〔厩舎:竹内正洋(美浦) 父:ワールドエース〕

 

11月17日(日)福島7R(3歳以上1勝クラス)では、日高育成牧場で生産・育成されたファイブフォース号が、3勝目を挙げました!

_201911177r1_g_07_x0450

11月17日(日)3回福島6日目7R 3歳以上1勝クラス 芝 1,200m

ファイブフォース号(バクシンスクリーンの14) 牝

〔厩舎:高橋裕(美浦) 父:アルデバラン〕

 

11月17日(日)東京7R(3歳以上1勝クラス)では、日高育成牧場で育成されたフローラルパーク号が、1番人気に応え2勝目を挙げました!

_201911177r1_g_07_b0730_3

11月17日(日)5回東京6日目7R 3歳以上1勝クラス ダート 1,300m

フローラルパーク号(フェアノータムの16) 牝

〔厩舎:加藤征弘(美浦) 父:ヘニーヒューズ〕

 

今後のさらなる活躍を期待しております。

活躍馬情報(事務局)

11月10日(日)福島4R(障害未勝利)では、日高育成牧場で生産・育成されたファイアプルーフ号が、最終障害飛越後に他馬を突き放し大差で勝利。障害競走8戦目にしてうれしい障害初勝利を挙げました!

_201911104r_g_04_x0183

11月10日(日)3回福島4日目4R 障害3歳以上未勝利 芝 2,750m

ファイアプルーフ号(ビューティコマンダの15) 牡

〔厩舎:根本康広(美浦) 父:ケイムホーム〕

 

今後のさらなる活躍を期待しております。