育成馬ブログ(2020年 日高①)

JRA育成馬の狼歯について

 コロナの影響で、今年は8月にセレクションセールとサマーセールが連続して開催されました。日高育成牧場にはこれらのセリで購買した42頭のほか、ホームブレッド7頭および7月のセレクトセールで購買した1頭の合計50頭が在厩し、騎乗馴致を進めています。

 

騎乗馴致前に狼歯の抜歯
 当場では、毎年騎乗馴致前に育成馬の口腔内を検査し、狼歯があれば抜歯しています。狼歯とは第二前臼歯のすぐ吻側に萌出する第一前臼歯のことで(図1)、調教を進める過程でハミ受けのトラブルの原因となる可能性があるため、予防の意味で抜歯します。狼歯は見えている部分はわずかですが歯根が長く(図2)、エレベーターと呼ばれる器具で周囲の歯肉を丁寧に剥離した後、ロンジャーと呼ばれるペンチのような器具で折らないように抜歯します。

Photo図1 狼歯(矢印)

Photo_2

図2 抜歯した狼歯(青矢印が歯根)

 

JRA育成馬の狼歯保有率
 2017年から2019年に当場に入厩した育成馬のうち、入厩前に抜歯を済ませてきた馬を除く173頭について狼歯保有率を調べてみたところ、86.7%にあたる150頭に狼歯が認められました。狼歯保有率の内訳は牡が81.2%(69/85)、めすが92.0%(81/88)でした(図3)。左のみに狼歯が認められた馬が4.0%(7/173)、右のみに狼歯が認められた馬が2.9%(5/173)、左右両方に狼歯が認められた馬が79.8%(138/173)、全く認められなかった馬が13.3%(23/173)でした(図4)。

 

Photo_3図3 狼歯保有率の雌雄差

Photo_4図4 狼歯の位置

 

埋没狼歯(Blind Wolf Tooth)
 萌出せずに歯肉に覆われている第一前臼歯は、英語でBlind Wolf Toothと呼ばれ、埋没狼歯や盲狼歯と和訳されています。2017年から2019年に当場に入厩した育成馬に認められた狼歯288本中13.2%にあたる38本がこの埋没狼歯でした。
 第二前臼歯の吻側の歯肉下にあることが触診で容易にわかることもありますが、位置や大きさが不明な場合にはエックス線検査(レントゲン)によって診断します(図5)。通常の狼歯よりも埋没狼歯がある馬の方がハミ受けに対して不快感を示す場合が多いと言われています。埋没狼歯が確認された場合には覆っている歯肉を切開してから、通常の狼歯の場合と同様に抜歯します。

Photo_5図5 埋没狼歯(矢印)

 

 2017年から2019年に当場に入厩した育成馬には認められませんでしたが、狼歯が上顎ではなく下顎にできる場合もあります。こちらについても通常の狼歯よりもハミ受けに悪影響が出ると言われているため、速やかな抜歯が必要となります。

 
以上、当場で行っている狼歯抜歯についてご紹介しましたが、今回の記事が皆様の馬の健康管理に少しでもお役に立てば幸いです。

活躍馬情報(事務局)

9月12日(土)中京競馬3R(2歳未勝利)では、日高育成牧場で育成されたワールドリバイバル号が勝利しました。

_202009123r_eeec7380

9月12日(土)2回中京競馬 第1日目 3R 2歳未勝利 芝2,000m

ワールドリバイバル号(セシリア2018) 牡

〔厩舎:牧田和弥(栗東) 父:エピファネイア〕

 

今後のさらなる活躍を期待しております。

活躍馬情報(事務局)

地方競馬になりますが、9月10日(木)笠松競馬11R(西日本ダービー)では、日高育成牧場で育成されたエアーポケット号が勝利しました。

Photo

9月10日 笠松競馬第11R 第5回西日本ダービー ダート 1,900m

エアーポケット号(セインツプレイの17) 牡

【 厩舎:真島元徳 厩舎(佐賀) 父:ダンカーク 】

 

今後のさらなる活躍を期待しております。

活躍馬情報(事務局)

9月5日(土)3回新潟8R 3歳以上1勝クラスにおいて、日高育成牧場で育成されたゴールドクロス号が勝利しました!!

_202009058r1_08_a1103

9月5日(土)3回新潟競馬 第7日目 8R

3歳以上1勝クラス ダート1,200m

ゴールドクロス号(コンドルウイングの15)牡

〔厩舎:小西一男(美浦) 父:エスポワールシチー〕

今後のさらなる活躍を期待しております。

活躍馬情報(事務局)

8月29日(土)3回新潟1R 2歳未勝利において、日高育成牧場で生産・育成されたキープイットシンポ号(JRAホームブレッド)が勝利しました!!

_202008291r_01_a0092

8月29日(土)3回新潟競馬 第5日目 1R

2歳未勝利 ダート1,800m

キープイットシンポ号(イットーエンプレス2018)牝

〔厩舎:小野次郎(美浦) 父:エスケンデレヤ〕

8月29日(土)2回札幌7R 3歳以上1勝クラスにおいて、日高育成牧場で育成されたヒナノコバン号が勝利しました!!

_202008297r1_07_x0676

8月29日(土)2回札幌競馬 第5日目 7R

3歳以上1勝クラス 芝1,800m

ヒナノコバン号(スウィートクレメンタインの16)牡

〔厩舎:本間忍(美浦) 父:バゴ〕

8月29日(土)2回小倉9R ひまわり賞(OP)において、宮崎育成牧場で育成されたヨカヨカ号が勝利しました(3連勝)!!

_20200829_zzzk8997

8月29日(土)2回小倉競馬 第5日目 9R

ひまわり賞(OP) 芝1,200m

ヨカヨカ号(ハニーダンサー2018)牝

〔厩舎:谷潔(栗東) 父:スクワートルスクワート〕

8月30日(日)2回札幌11R キーンランドC(GⅢ)において、日高育成牧場で育成されたエイティーンガール号が勝利しました!!

_20200830c_11_x1106_3

8月30日(日)2回札幌競馬 第6日目 11R

キーンランドC(GⅢ) 芝1,200m

エイティーンガール号(センターグランタスの16)牝

〔厩舎:飯田祐史(栗東) 父:ヨハネスブルグ〕

今後のさらなる活躍を期待しております。

活躍馬情報(事務局)

8月23日(日)3回新潟11R NST賞(OP)において、日高育成牧場で育成されたヒロシゲゴールド号が勝利しました!!

_2020nst_e2020082311_a1493

8月23日(日)3回新潟競馬 第4日目 11R

NST賞(OP) ダート1,200m

ヒロシゲゴールド号(エフテーストライクの15)牡

〔厩舎:北出成人(栗東) 父:サウスヴィグラス〕

今後のさらなる活躍を期待しております。

活躍馬情報(事務局)

8月15日(土)2回小倉9R フェニックス賞(OP)において、宮崎育成牧場で育成されたヨカヨカ号が勝利しました!!

_20200815_zzzh4659

8月15日(土)2回小倉競馬 第1日目 9R

フェニックス賞(OP) 芝1,200m

ヨカヨカ号(ハニーダンサー2018)牝

〔厩舎:谷潔(栗東) 父:スクワートルスクワート〕

今後のさらなる活躍を期待しております。

育成馬ブログ(2020年 宮崎①)

1歳セリと放牧地管理について

 

○ 初めてのオンラインビッド

 梅雨明けして本格的な夏が始まりましたが、今年の梅雨は例年にない豪雨に見舞われ、熊本県を中心とした九州各地で大きな被害がありました。宮崎育成牧場では大きな被害はありませんでしたが、梅雨期の総雨量が1,000㎜と平年の1.5倍を超え、馬道の砂が流れるなど少なからず影響がでており、温暖化や雨の影響について考えさせられた季節でした。

 雨ばかりの6~7月でしたが、1歳馬のセリが始まる季節でもあります。本年のJRA育成馬の購買も6月23日に開催された「九州1歳市場」を皮切りにスタートしており、7月7日の「八戸市場」、7月13日の「セレクトセール」まで無事に終えることができました。

 いずれのセリも新型コロナウイルス対策として入場者を限定するなど様々な対策を講じており、例年とは違った雰囲気の開催となりました。なかでも九州市場では1歳セリでは初めてとなるオンラインビッドが活用され、我々も初めてのオンラインでの入札に緊張しながら参加し、その使用感を体験しながら2頭を購買することができました。

Photo

写真1) 九州市場のオンラインビッド画面。2頭とも落札!

 

 これまでの3つのセールでJRAは7頭の1歳馬を購買しました。そのうちの6頭と日高育成牧場で生産したJRAホームブレッドのうち2頭の合計8頭が宮崎育成牧場に入厩しています。この育成馬たちは現在、16時から8時までの夜間に放牧しており、間もなく開始するトレーニングに向けて馬体や精神的な成長を促しているところです。

 

○放牧地の草種について

 この時期の育成馬は放牧地で1日のほとんどを過ごしていますが、サラブレッドの放牧地には「飼料としての牧草」と「自発的な運動場所」の2つを両立することが重要とされています。

 宮崎育成牧場では、本年から馬の放牧地の管理方法を変え、草種をこれまでのイタリアンライグラスからバヒアグラスに変更しました。一般的に国内の牧場では、チモシーやイタリアンライグラス、ケンタッキーブルーグラスなど比較的寒い地域に適した種類の牧草が多く利用されています。今回変更したバヒアグラスは、暖地型牧草に分類される多年草で、夏季の再生力が旺盛な点が特徴です。

 当場の放牧地は夏季~秋季の夜間放牧での利用が中心で、運動場所としての放牧を重視しています。そのような背景もあり、年間平均気温が17℃を超える九州の夏には暖地型牧草が適していると考え、今回の草地更新を行いました。

Img_8268

写真2) 常に採食可能となるよう掃除刈りで草丈を一定に保ちます

 

 バヒアグラスは道路脇にも雑草として生えているような身近な草ですが、馬の嗜好性はやや劣るとされています。そこで、茎が硬くなりすぎないよう小まめに掃除刈りを実施したり、放牧地のボロ取りをこまめに行うなど丁寧な管理を心がけています。

Dji_0131

 写真3) 集団で草をはむ育成馬

 

 草地管理スタッフの努力の甲斐あって、当初懸念していた嗜好性も問題なく、写真のように放牧初日からおいしそうに食べてくれて一安心といったところです。今後は栄養面についても各種分析を行いつつ、定期的に馬体重やボディコンディショニングスコアなども確認していく予定です。

活躍馬情報(事務局)

8月1日(土)1回札幌5R 2歳新馬戦において、日高育成牧場で育成された

オパールムーン号が勝利しました!!

_20200801_05_y0364

 8月1日(土)1回札幌競馬 第3日目 5R

2歳新馬 芝1,500m

オパールムーン号(コパノマルコリーニ2018)牝

〔厩舎:昆貢(栗東) 父:ヴィクトワールピサ〕

 

8月1日(土)1回札幌9R 礼文特別(3歳以上1勝クラス)において、日高育成牧場で育成されたラキ号が勝利しました!!

_20200801_09_y0793

8月1日(土)1回札幌競馬 第3日目 9R

礼文特別 芝1,200m

ラキ号(キスショットの17)牝

〔厩舎:小崎憲(栗東) 父:ジャスタウェイ〕

 

今後のさらなる活躍を期待しております。

活躍馬情報(事務局)

6月27日(土)3回東京1R 2歳未勝利において、日高育成牧場で育成された

ジュラメント号が勝利しました!!

_202006271r_01_c0081

6月27日(土)3回東京競馬 第7日目 1R 

2歳未勝利 芝1,600m

ジュラメント号(ダイワジャンヌ2018)牝

〔厩舎:根本康広(美浦) 父:キズナ〕

また、6月28日(日) 3回阪神12R リボン賞において、日高育成牧場で育成されたローザノワール号が勝利しました!!

_2020062812r_jjja0390

6月28日(日)3回阪神競馬 第8日目 12R 

リボン賞(3歳以上2勝クラス) 芝1,600m

ローザノワール号(ダノンスズランの17) 牝

〔厩舎:西園正都(栗東) 父:マンハッタンカフェ〕

今後のさらなる活躍を期待しております。