« 2015年4月 | メイン | 2015年6月 »

入厩そして調教開始

150528

昨日から函館競馬場への競走馬の入厩が始まりました。


今朝の函館は、この季節特有の海霧に覆われましたが、

150529_2

予定通り6:00に馬場開場となり、

150529_3

今年初めての調教馬の入場となりました。

昨日が入厩初日ということで、

開場待ちの馬はまだまだ少ないのですが、

これから開催が近くなるにつれて調教頭数も増え

開場前には行列ができていきます。

http://blog.jra.jp/onsen/2014/06/26/

すぐに、賑やかな函館の夏がやってきます。

まる○

今日は、普段は乗馬に、開催日は誘導馬として活躍する

競馬場の場馬の1頭を初めて温泉にいれました。

150529_4

初めてなので、背中と腰のシャワーのみですが、

出てくるお湯は温泉=強力マッサージ効果つき打たせ湯なので、

コリコリの背中から腰をほぐしてくれた・・・と思いたいですが、

今日は少し緊張しておりました。

馬温泉所ももうすぐ夏のハイシーズンを迎えます。

去年のように活躍馬がでるといいのですが!。

http://blog.jra.jp/onsen/2014/08/15/?ref=calendar

ITV車???

いよいよ明日から函館競馬場への馬の入厩が始まります。

場内では6月20日から始まる函館競馬の準備も進んでいます。

そのひとつをご紹介。

この車、何だと思います?。

Itv

奥のトラックがITV車、手前がパトロール車と言います。

皆さんが競馬場やウインズで見ている

競馬番組やパトロールビデオを作成する車です。

競馬場には各場にITV室があって、

専用の器材が設置されていたのですが、

コストや運用面の問題から、

ITV車・パトロール車が器材を搭載して全国を巡ることになったとのこと。

函館には初来場ということで、

部を見学させてもらえることになりました。

Photo_7
テレビ局・・・ですね。

トラックの中には器材がびっしりです。

場内に設置されたカメラから送られてくる映像を

こちらで編集・配信しているんだそうです。

写真の操作盤に見える無数の色の粒の一つ一つがボタンなのですが、

それぞれの意味を理解し、映像を操るこの車で働く人達。

恐るべし。

稚拙な説明を読んで分かるとおり、

この超特殊車両は私の理解をはるかに超えております。

もっと詳しく知りたい!という方はコチラ↓を参考にしてください。

http://www.sony.jp/switcher/casestudy/jra_yamaguchi-cinema.html

150527
いよいよ明日からです。

プール開き

こんにちは。

今日はいよいよプール開きです。

昨年は生憎の雨で散々でした。

さて、今年の天候は・・・

やりました!

心配をよそに雲一つなく晴れ渡りました。

Img_7102_6

すがすがしい本当に良い天気。

お清めして、日を選んで(大安)、先週から天気予報も調べて・・・。

この日を選んで良かったです。

オープン前のプール。

Img_7115

今日は初日なのでテレビや新聞の取材も来ます。

晴れの舞台にふさわしく

綺麗に準備していただきました。

気温は25℃。

水温は20℃。

先週は18℃でしたが、少しづつ上がってきました。

Img_7110

同様に人の気分も高まってきました。

そして、馬のテンションも・・・

うんっ?

日光浴中のイズモ

Img_7099

君には関係ないようだね(笑)。

君も泳ぐんだよ〜。

さて、オープン初日。第一泳者はスズカプリウス。

芦毛の女の子です。

Img_7132

テレビカメラも気にしない。

本当に優雅に泳ぎます。

Img_7140

女子力の高さで、見事第一泳者としての役割を果たしてくれました。

続いて第二泳者は

イズモ君

Img_7152_2

う〜ん。

ご機嫌ななめなのか

出口で出ようとしますねえ。

「気持ちよく日光浴をしてたのに〜」

そんな声も聞こえてきそうです。

しょうがないので切り上げて終了

Img_7156

みんなでお出迎えです(笑)。

この後は温泉が待っているよ!

ゆっくり体を温めてね。

今日は9頭の馬たちが泳ぎましたが

大きな事故もなく無事にプール開きを終えました。

頑張った馬たちは勿論、スタッフの皆様には本当に感謝です。

テレビの囲み取材。

思いを伝えました。

Img_7245

「リハビリを克服した馬が大きなレースで活躍すること。

そんな思いで日々取り組んでいます。」

是非、馬たちが頑張る姿を見に来てください。

今週日曜日は、競馬の最大のイベント日本ダービー。

こちらも是非、注目してくださいね。 


YouTube: あなたの競馬が走り出す。~GI編~(日本ダービー)


☆常磐支所からのお知らせ☆

常磐支所では現役競走馬を世話しながら、JRA厩務員を目指す研修生を随時募集しています。

詳しくはこちらのリンクをご覧ください。

http://www.equinst.go.jp/JP/onsen/onsendayori.html







いよいよ

来週5月28日より、函館競馬を目指す馬達の入厩が始まります。

0430先月末は枯れ木のようだった馬道の並木も

本日。

150524

入厩にあわせて芽吹いてきているようです。

開催日に出走馬が鞍をおく場所、装鞍所のけやき。

1505243_4



開催がいつ始まってもいいように、

葉を湛え、木陰を作っております。

診療所は?。

ケガや病気の馬が早く出走できるように、

お疲れの馬は元気が出るように、

P5241663
準備を整えました

次週は、入厩をお伝えすることになりますね!。

 

 

プール開きの準備

天候に恵まれた日が続いています。

今日も常磐は清々しい朝を迎えました。

さて、1月半ぶりのブログの更新となります。

3月までここで馬の世話をしてくれていた若者が、

このブログを楽しみに仕事をしていると、風の便りで聞きました。

九州のとある県職員となり、今でも自分が担当した馬のことを気にかけて

くれるまじめな子です。

小まめに更新しなければと反省しています。。。。

Img_6955




いよいよ来週からプール調教が始まります。


屋外プールのため、10月までの期間限定です。


先週からプールの清掃と貯水が始まりました。


深さ3mもあるため、数日かけて満水にします。



Img_6260


深さをアピールしてくれている人は、この3月に異動してきた係長です。


また、しばしばブログに登場させますので、詳しくは後日。




無事に満水となりました。

Img_6797_2


5月25日(月)13時〜 プール開きです。

例年、当日は地元の方々やマスコミの方々が多数お越しになられるので・・・

恥ずかしいところはお見せできないので・・・

実は・・・・


こっそり、練習しちゃいました。


プレオープンです。


Img_6933


人も馬も3日間みっちり練習しました。


是非、プール開き当日は、競走馬たちの勇姿(❔)を見に来てください。




Img_6974_3


みんなの前でうまく泳げるかなあ・・・。


物思いにふけるイズモ君でした。

意外?

Photo
台風の6号の影響でしょうか。

こんな変な空になった(11日)と思ったら、

Photo_4
数日後には秋?のような。

10℃を下回り強風が吹き荒れたと思ったら、

ポカポカ陽気になったり。

春の気まぐれな天気が続いている函館です。

 

先週は、厩舎間の馬道についてご紹介しましたが、

今週、診療所関連ではこんな作業を行いました。

 

Photo_6
タイヤ消毒用のマットを設置しています。

馬を含む家畜の伝染病の中には、車両のタイヤを経由して広まるものもあります。

外部からの病原体の侵入を防ぐべく、

厩舎地区内に入る車両は必ずこの消毒用マットを通過するよう、

設置場所を工夫しています。

Photo_7

競馬場施設内には各厩舎の馬房(馬が普段寝泊りするところ)以外にも、

寝ワラ等の敷料(馬のベッド)を必要とする施設(※)がいくつかありますが、

馬の滞在開始前にそういった施設に敷料を搬入するのも

競走馬診療所のお仕事です。

※検疫所、装鞍所、検体採取所といった施設

馬のケガや病気に備えて

薬品や器材を準備するのはもちろんなんですが、

意外?なこともしております。

 

 

150516

本当はもっといい景色なのですが、何回撮ってもうまく伝わりませんね~。


 

少しずつ

 

P5071603
馬道の周辺清掃や、

P5081620
厩舎の清掃。

少しずつ、人馬を受入れる体制が整っていきます。

競走馬診療所の隣の厩舎で、

除雪の時に活躍するホイールローダーが作業しています。

P5081617
これは?。

P5081625
砂をまき終わったら、

タンデムローラー登場!。

P5081626_2

P5081629_2

P5081632

P5081635

P5081636_2

厩舎間に、砂をまいて転圧する作業だそうです。

厩舎の間も、馬の肢のことを考えてクッション砂を定期的にまいており、

ローラーで転圧するのは、

クッション層の下の路盤の緩みを押さえしっかり安定させるため

だそうです。

競馬場のダートの馬場は〇cmに調整されています。

というのは皆さんも聞いたことがあるかもしれませんが、

厩舎間を含む厩舎地区の馬道も、砂厚管理されているそうです。

つまり、函館競馬場に滞在する馬は、

いつでも均一な路面(馬場、馬道)を歩き、走っているわけで、

改めて考えるとすごいことだと思います。

 

肢蹄保護に対する馬場の皆さんの努力に感謝です。

まうr

まる

こちらは芝馬場。

スタンド前を散水して。

150508

1コーナーへ。

150508max

水やりは、日中行うと蒸して葉や根にダメージをあたえてしまうので、

朝夕の涼しい時間帯にとのこと。

また一つ勉強になりました。

 

たそかれ

今年は、北海道での開花も例年より早く、

釧路での開花は観測史上最速だったみたいですね。

http://sakura.weathermap.jp/area.php?city=Kushiro

P5011552_2


ぎりぎりで5月初週まで咲いていた1コーナーの桜も、

今週に入って花はわずかになってしましました。

P5081623_2

本州ではすでに日中蒸し暑いぐらいの気候もあるかと思うのですが、

こちらでは、朝夕は自転車に乗ると手が悴むぐらいの日もあります。

まだ、やっと春です。

春を感じて、

競走馬診療所へ続く馬道も少しずつ芽吹いてきました。

P5071594
こう見ると、白樺以外は枯れ木のようですが、

よく見ると、

P5071602

5月も下旬になってくると、緑が加速し、

この馬道が「初夏の新緑」といった風景に変貌します。

その日に向けて木々には頑張ってもらいたいものです。

以前空のお話をしました。

http://blog.jra.jp/onsen/2015/03/28/?ref=calendar

寒い冬の朝に見られる「真っ青」とは対照的に、

春先の空は、晴れているのに、霞んでいてすっきりしません。

函館山も、なにかの向こう側です。

P5071609

天気はモヤモヤ、鼻はムズムズであまりいい印象はありません。

ただし、日没直後は話は別です。

 

150707
空が焼けるようになるのも、

私達を悩ませるモヤモヤした微粒子達かと(勝手に)思えば少しは気も楽に。

余談ですが、

日没直後は、空は明るいのに誰だかわからないので「たそかれ」だそうです。

スタンドは今、黄昏てますね。

 

 

入厩開始まで・・・

北海道は今週が開花のピーク。

1504293

場内の並木は葉桜に変わろうとすることろです。

場内は5月28日(木)の馬の入厩開始に向けて少しずつ動きだしています。

パドックは、中央の芝の種まきが行われ、

発芽を促すために黒シートがかけれられていましたが、

P4301539

本日になり、シートが除去されました。

P5011548


1ヶ月前までは冬仕様だった芝コースも

Image

 

外周の植木を含め、コース全体に緑が戻ってきました。

P5011550

この軟らかそうな深緑があるから、庭には芝なんでしょうか。

馬の入厩に備えて芝の成長をコントロールする、

馬場の皆さんの技術もすばらしいですね。

競走馬診療所も、競走馬の病院としての役割を果たすべく準備をしているところです。

準備の傍ら、入厩に向けて少しずつブログを更新していきますので、

興味がある方は、当ブログをご覧ください。

桜の木の下にいると、花びらではなく花そのものがユラユラ降ってくるのですが、

なぜ?・・・としばらく観察していたら、

201504291128000

おやつなのか、イタズラなのか・・・。

満開の花のなかでは、どちらでも楽しいひと時ですね。