« 低酸素トレーニング | メイン | クールビズ »

2020年5月28日 (木)

大学紹介

 

 現在フランス留学中の臨床医学研究室の黒田です。本日は留学先の大学を紹介します。私は現在フランス南部のトゥールーズ市に在住しています。トゥールーズ市はガロンヌ川流域の都市で、人口47万人を持つフランス第5の都市です。美しい川とバラ色の都市と呼ばれるレンガの街並みが特徴的ですが、航空機メーカーエアバスの企業城下町でもあります。ですので、街のもう一つの名物として、イルカから名付けられた航空機機材を運ぶ大型の航空機、ベルーガがあります。

Photo_8        ガロンヌ川

Photo_9        ベルーガ

 

 留学先はÉcole Nationale Vétérinaire de Toulouse (国立トゥールーズ獣医学校)でトゥールーズ市の西側に位置する大学です。フランスにはパリ、ナント、リヨンと合わせて4大学しか獣医大学はなく、1学年は約120名、5年制を採用しています。今回はInnovations thérapeutiques et résistances研究室のAlain Bousquet-Mélou教授に留学を希望し、受け入れていただいています。研究室は、抗菌薬を中心とした薬物動態、耐性菌、食品衛生に関する研究を行っており、中でも抗菌薬の薬物動態を中心に学んでいます。

Photo_10        大学正面


 大学には乗馬センターが併設され、学生のみならず職員や研究者たちも乗馬を楽しんでいます。フランスらしく時間は自由で、研究の合間にちょっと馬に乗ってくるという感じです。都市内にありながら放牧地は広く、研究用の馬、牛、羊は昼夜放牧でのんびり暮らしています。また、大学内には警察騎馬隊の厩舎も併設されています。トゥールーズの中心部は歴史的な町並みで人気の高い観光地ですが、道が極めて狭く騎馬隊の役目はかなり重要とのことでした。

Photo_11        乗馬センター

Photo_12         放牧馬

 3月から2ヶ月以上続いていたフランスの厳しいロックダウンは徐々に緩和されつつあります。トゥールーズを含むオートガロンヌ県はパリなどと比較すると比較的患者が少ない地域ですが、それでもまだ県内に70人近い入院患者がおり、レストランなどの施設は開放されていません。ロックダウン中閉鎖していた大学の研究室も今週から再開していますが、学生の授業は秋までオンラインになると聞いています。私も早速挨拶に行きましたが、雑草が大変なことになっていますが、研究室の皆様も馬たちもみんな元気にしているようです。当分は人員を制限して実験を行うようで、私も午後のみの予定です。日本も緊急事態宣言が終了し、いよいよ緩和されていくと聞いております。何とか。世界的に改善して欲しいと願っております。


黒田泰輔