2019年11月19日 (火)

輸送実験を行いました

運動科学研究室の胡田です。

過去の研究所だよりでも触れていますが、本年からイタリアのバーリ大学と共同で輸送の研究に取り組んでいます。競走馬にとって、輸送は切っても切り離せない問題です。北海道の牧場からトレーニング・センターに輸送するまでの時間は丸1日に及ぶこともあり、輸送後は体重が大幅に減ってしまったり、熱を出してしまったりすることがあります。そのため、馬の負担を軽くするための輸送方法について、昔から様々な研究が行われています。

今回は、馬輸送の際のストレスについて研究を行っており、馬運車内での行動記録や、輸送前後の血液検査、内視鏡検査結果など、様々なデータから解析します。今回得ることができたデータをもとに、競走馬の輸送における負担を少しでも軽減できるよう、今後も取り組んでいきたいと思います。

Image0行動解析の様子

Img_4910長時間の輸送で馬もお疲れ気味

2019年11月 1日 (金)

馬感染症研究会

分子生物研究室の坂内です。

10月23日~25日の3日間、総研では馬感染症研究会が開催されました。

23日、24日は技術部会として、全国の家畜保健衛生所と動物検疫所の職員を対象に、馬の感染症について講義・実習を行いました。

25日の研究部会では、本会職員のほか、動物衛生研究部門、動物検疫所等から多くの参加者が集い、馬やその他の家畜感染症に関する研究成果が発表されました。

特別講演では、東京慈恵会医科大学の嘉糠洋陸教授から、「病原体媒介蚊のバイオロジー」をテーマにご講演いただきました。

Cimg0590_2

スライドで度々登場したのが、実験のため研究者自身が差し出した腕に蚊が群がる様で、これは見ているだけで体がむず痒くなる代物です・・・。

(写真を載せると苦情が来そうなので控えます)

講演のメッセージは、「病気を制御するためにはまず敵を知ること」。

蚊の生態を明らかにすることで、病気を制御するための戦略を立てよういうことですが、蚊の研究者は敵を知るために時として自らの身を差し出すのだなあと驚嘆した次第です。

2019年10月30日 (水)

大量のたまご

分子生物研究室の太田です。

朝晩が冷え込んできましたが,皆様いかがお過ごしでしょうか? 

毎年これからの季節に話題になるのはインフルエンザですね。

実は馬もインフルエンザに感染します。

ただ,ヒトから馬、あるいは馬からヒトにはうつらないのでご安心を。

なので,正しくは「馬インフルエンザ」といいます。

馬はヒトのように自分で「手洗い」や「うがい」はできないので,予防法はもっぱらワクチン接種になります。

今回はこのインフルエンザワクチンの製造方法の一部についてご紹介したいと思います。

ワクチンを作るためには,元になるウイルスが大量に必要となります。

インフルエンザウイルスは鶏の有精卵(発育鶏卵)で増殖しやすい性質を持っています。(ちなみにスーパーで売っている卵は無精卵です)

この性質を利用し,まずは殻に小さな穴を開け,注射器で生きたウイルスを接種します。

Thumb_img_1895_1024_2

穴を塞いで温めておくとウイルスが増殖するので,今度は3日後に殻を割って,大量にウイルスを含んだ液を回収します。

Thumb_img_1877_1024

これがワクチンの原材料になります。

我々の研究室では,多いときには週に800〜1000個の卵を使って,様々なワクチンの試作やワクチン効果の判定を行っています。

下の写真は,休暇中に韓国旅行に行った際のソウル明洞(ミョンドン)の屋台での一コマ。

仕事を思い出してしまい,さすがに食べる気はしませんでした。

Thumb_img_1247_1024

2019年9月12日 (木)

日本獣医学会学術集会に参加しました

微生物研究室の内田です。

9月10日から12日まで、茨城県つくば市で開催されている日本獣医学会学術集会に参加しました。

Img_0255_3

競走馬総合研究所からは、4題の一般口演を発表しました。

この学会では、馬に限らず様々な分野の獣医学関係者が集まりますので、幅広いご意見をいただくことができました。

普段はなかなか知ることのできない他の大学や研究機関の最新の研究内容に触れることもでき、大変刺激を受けました。

競走馬総合研究所での研究に、活かして参りたいと思います。

また、企業展示ブースでは、JRA本部の職員が展示をしていました。

Img_0256

展示ブースでは、JRAの獣医職員の業務内容について紹介しています。

トレーニング・センターでの競走馬の診療の様子や、感染症を蔓延させないための防疫対策についても、資料を用いてご説明しました。

こちらのブースには、学生の皆様をはじめ、たくさんの方々にお越しいただいていました。

2019年8月20日 (火)

オリンピックテストイベント開催!

運動科学研究室の胡田です。

2020年東京オリンピックまで残り一年を切り、ニュースでもオリンピックに関する報道をよく耳にするようになりました。

馬術(総合馬術)競技においては、先日オリンピックに向けたテストイベントが馬事公苑/海の森で行われ、私たちJRAの獣医師もサポートスタッフとして行ってきました。

テストイベントとは、オリンピックの大会の成功に向けて競技運営及び大会運営の能力を高めることを目的として実施するものであり、内容としては競技の円滑な進行のほか、国外競技馬の輸送対応や救急対応、暑さ対策などが含まれています。

特に夏の暑さ対策は他の競技でも危惧されている問題であり、テストイベントでも大きな懸念材料ではありましたが、無事大会を終えることができました。

オリンピックには海外からも多くの獣医師が運営に携わっているので、国内外のスタッフ一丸となって本番の成功に向けて取り組んでいきたいと思います。

Ready_steady_tokyo

2019年7月16日 (火)

-20℃の世界へようこそ

分子生物研究室の太田です。

JRAでは春と秋の年2回,トレセンに在厩している全ての現役競走馬の採血を行いま
す。

必要な検査をした後,余った血液(血清)は全て競走馬総合研究所に送られ,-20℃
の冷凍庫内に一定期間保存されます。

これらの材料は,伝染病の流行状況の調査やワクチンの開発などに役立てられてい
ます。

とはいえ冷凍庫に保管できる量にも限界があるので,年に1回は庫内を整理し,古い
ものから順に廃棄します。

当然ですが,普段着で入るとものの数分しか耐えられません。

時間のかかる作業をするときは,クローゼットから季節はずれのスキーウエアを
引っ張り出し,バッチリ防寒対策をしています。

Img_1416_2






2019年6月27日 (木)

国際学会への参加

微生物研究室の木下です。

 6月19日から22日まで、タイのチェンマイで行われた国際学会 (International symposium of the World Association of Veterinary Laboratory Diagnosticians) に参加してきました。

Imag082520190627104108169

 今回参加した学会は、獣医療における検査法に特化した学会ということで、鼻疽や腺疫といったウマの感染症に関する発表の他にもウシやブタに関する内容も多く、中にはタイということもあってゾウについての発表も行われていました。私からは近年、北海道を中心とした軽種馬の生産地で問題となることが増加しているローソニア感染症について口頭発表を行い、参加していた研究者の方と意見交換を行いました。

 このような学会への参加を通じ、海外の研究者と交流を持ちつつ情報を常にアップデートし、新たな検査法や診断法を取り入れていくことで、日本で飼育される馬を感染症から守ることがJRAの研究所に所属する我々にとって重要な業務です。

なお、畜産関係者にはお馴染みの消毒槽が会場入り口に設置されており、獣医療関係者によって「感染症を持ち込ませない、さらに自国に持って帰らせない」という学会からの強いメッセージであると感じました。

Imag082720190627104108750

2019年6月26日 (水)

蚊のお話

微生物研究室の越智です。

夜,蚊の飛ぶ音が悩ましい季節になってきました。

蚊は日本脳炎ウイルスやフィラリアなどの病原体を媒介することで知られていますが,

馬にも様々な病気をもたらします。

近年では,JRA美浦トレーニング・センター(トレセン)でゲタウイルス感染症が発生しました。

総研では,美浦トレセンと共同で蚊の疫学調査を行っています。

写真は,蚊の捕獲器と採れた蚊です。

これまでの調査から,

美浦トレセンではコガタアカイエカやキンイロヤブカなど,田園地帯でよく見られる種類が多いことが明らかになっています。

1

2019年6月20日 (木)

新人研修が行われました

分子生物研究室の辻村です。

梅雨入りで天候が落ち着かない6月、JRAでは例年この時期に新人獣医職職員を対象とした専門研修を実施しています。獣医職職員が勤務するJRAの各事業所を訪れる本研修ですが、競走馬総合研究所でも本年6月4日から20日にかけて講義・実習が行われました。その内容は、運動生理学、臨床医学、病理学、細菌学と多岐にわたり、私が所属する分子生物研究室はウイルス学を担当しました。普段は臨床現場で奮闘している新人獣医職職員の皆さんに、ウイルス学の研修では学生時代のように座学や実験に取り組んでいただきました。馬のウイルス感染症は日常的に遭遇するものではありませんが、発生した場合には大きな被害を及ぼす可能性があります。そのような際に今回の研修が役立つことを願っています。

Dscn0829

2019年6月13日 (木)

「夏休み♪こども馬学講座」を開催します!

総務課の髙橋です。

昨年に引き続き、小学校高学年生向けのイベントを開催いたします!

 「夏休み♪こども馬学講座」

   詳細はこちら → http://jra.jp/news/201906/061301.html

前回が初めての開催でしたが、大変多くの方にご応募いただきました。

また参加された方からも、ありがたいことにご好評のお声をいただいております。

お子様との思い出作りにいかがでしょうか?

たくさんのご応募お待ちしております!