« 輸送実験を行いました | メイン

2019年12月 2日 (月)

馬たちの体重管理

臨床医学研究室の福田です。

暦はついに師走を迎え、栃木県もしっかり寒い日が続いております。

気温が下がると、どうしてもあったかくておいしいものが食べたくなるんですよねえ。鍋物なんてサイコーですよね。

「天高く馬肥える秋」、もう秋は過ぎつつありますが、総研所属の馬たちもうっかり食べすぎてしまうようです。

私たちは飼養されている馬たちを使って様々な実験を行っています。実験データを収集する上で、各馬の体重はとても重要なパーソナルデータなので、実験時には必ず体重の計測を行うようにしています。

特に現役の競走馬同様の運動を負荷される馬たちは、うっかり太りすぎるわけにはいきません。

Bw1

このように、四角い枠の中で静かに立たせて、数秒で計測が完了します。

Bw2

こちらは競馬場の装鞍所にある馬体重計。基本的に仕組みは一緒で、ここで計測された馬体重が皆さんに届きます。馬券検討に役立ってますか?

Bw3

少々食べ過ぎですな。ちょっと町内3周くらいしてきますわ。皆さんもお気をつけて。