« 2019年6月 | メイン

2019年7月

2019年7月16日 (火)

-20℃の世界へようこそ

分子生物研究室の太田です。

JRAでは春と秋の年2回,トレセンに在厩している全ての現役競走馬の採血を行いま
す。

必要な検査をした後,余った血液(血清)は全て競走馬総合研究所に送られ,-20℃
の冷凍庫内に一定期間保存されます。

これらの材料は,伝染病の流行状況の調査やワクチンの開発などに役立てられてい
ます。

とはいえ冷凍庫に保管できる量にも限界があるので,年に1回は庫内を整理し,古い
ものから順に廃棄します。

当然ですが,普段着で入るとものの数分しか耐えられません。

時間のかかる作業をするときは,クローゼットから季節はずれのスキーウエアを
引っ張り出し,バッチリ防寒対策をしています。

Img_1416_2