« 2020年9月 | メイン

2020年10月

2020年10月28日 (水)

生産地における軽種馬の疾病に関するシンポジウムでの発表

分子生物研究室の根本です。 

10月15日に北海道の静内で開催された生産地における軽種馬の疾病に関するシンポジウムにおいて、ウマコロナウイルス感染症について発表してきました。

本シンポジウムは、生産地における軽種馬の保健衛生に関する問題とその対応策の検討を目的として、JRA主催で毎年開催されています。参加者および発表者は、生産地の獣医師、生産育成関係者、外部学識経験者およびJRA職員になります。今年は新型コロナウイルス対策のためさまざまな対策を行っており、具体例として、例年より参加人数をしぼり、また発表者はフェイスシールドを着用し実施されました。

ウマコロナウイルスは新型コロナウイルスとは異なり、消化器症状を引き起こすウイルスになります。発表後は多くの質問を受け、本ウイルス感染症に対する関心の高さを感じてきました。ウマコロナウイルスは未知の部分の多いウイルスですが、少しでも解明されるように研究を進めていきたいと思っています。

なおウマコロナウイルスの詳細について興味のある方は、下記総説をご覧ください。

日本獣医師会雑誌 2018年第71巻第1号5-9頁

http://nichiju.lin.gr.jp/mag/07101/a2.pdf(外部リンク)

Image0

Image3

2020年10月 1日 (木)

新人獣医師を対象とした研修が始まりました。

臨床医学研究室の田村です。

 

新人獣医師を対象とした研修が始まりました。

 

普段は両トレーニング・センターの競走馬診療所で臨床獣医師として勤務していますが、

専門的な知識や技術を習得するために、競走馬総合研究所に出張して来ました。

 

例年は6月頃に実施していますが、今年は新型コロナウイルス感染症の影響があり、10月からのスタートになりました。

 

先日のブログにおいて、学会にWeb参加したことを紹介しましたが、この研修も一部にWeb講義を取り入れています。

写真はフランスに留学中の先輩獣医師から、薬の使用方法について説明を受けているところです。

双方向での会話が可能であり、研修生は講義後も熱心に質問をしていました。

 

Aaaaa_2

JRAでは新人獣医師を対象にした研修の他にも、多数の研修を実施しています。

知識や経験を新しい世代にしっかりと引き継ぐ体制を整えています。

 

研修期間はおよそ2週間です。

熱いエールをお願いします。