« 新人獣医師を対象とした研修が始まりました。 | メイン

2020年10月28日 (水)

生産地における軽種馬の疾病に関するシンポジウムでの発表

分子生物研究室の根本です。 

10月15日に北海道の静内で開催された生産地における軽種馬の疾病に関するシンポジウムにおいて、ウマコロナウイルス感染症について発表してきました。

本シンポジウムは、生産地における軽種馬の保健衛生に関する問題とその対応策の検討を目的として、JRA主催で毎年開催されています。参加者および発表者は、生産地の獣医師、生産育成関係者、外部学識経験者およびJRA職員になります。今年は新型コロナウイルス対策のためさまざまな対策を行っており、具体例として、例年より参加人数をしぼり、また発表者はフェイスシールドを着用し実施されました。

ウマコロナウイルスは新型コロナウイルスとは異なり、消化器症状を引き起こすウイルスになります。発表後は多くの質問を受け、本ウイルス感染症に対する関心の高さを感じてきました。ウマコロナウイルスは未知の部分の多いウイルスですが、少しでも解明されるように研究を進めていきたいと思っています。

なおウマコロナウイルスの詳細について興味のある方は、下記総説をご覧ください。

日本獣医師会雑誌 2018年第71巻第1号5-9頁

http://nichiju.lin.gr.jp/mag/07101/a2.pdf(外部リンク)

Image0

Image3